レストラン

和歌山の豊かな食材を正統派フレンチで味わう。「レストラン オテル・ド・ヨシノ」

東京、北海道、金沢、大阪、福岡ほか 名店の「昼膳」 第13回(全18回) 桜の便りとともに、本誌の人気特集、「昼膳」の最新版が完成しました。編集部が日本全国より厳選した名店の数々をご紹介。ぜひ長くご活用ください。前回の記事はこちら>>

※以下の記事は、『家庭画報』2020年4月号取材当時の情報です。営業状況は変更となっている場合もありますので、最新情報は公式ホームページ等でお確かめください。

【関西】
食通がわざわざ訪ねる実力店へ

レストラン オテル・ド・ヨシノ

【レストラン オテル・ド・ヨシノ】(和歌山市)フランス料理
和歌山の豊かな食材を正統派フレンチで

和歌山の食材をふんだんに使った地産地消のフレンチで全国の食通たちを魅了する手島純也さん。料理は古典的でありながら古さをまったく感じさせない洗練されたおいしさに溢れています。

加太の鯛のマリネ

加太(かだ)の鯛のマリネと地元の柑橘専門農家「原農園」のサワーポメロの爽やかな前菜。皿に敷き詰めた柑橘果汁と白ワイン、カンパリで作ったゼリーが2つの素材のつなぎ役に。

「昼も夜と同じクオリティで、いずれもフランスにいた頃、食べて感動した正統、王道のフレンチです。和歌山は海のものも山のものも多種多様で、ジビエ、魚、野菜、フルーツのいずれも味が濃厚なのでフランス料理にぴったり。フランス産の食材との相乗効果をもって作り上げるのが私のスタイルです」と実直に料理と向き合っています。

苺ミルク2020梅の香り

「苺ミルク2020梅の香り」。苺スープの下にパイ生地やクリーム、梅ジャム、上に練乳スプーマ、メレンゲ、苺アイスなどを重ねたリッチなデザート。表面に並べた苺は生とドライを使用。

野趣溢れる骨太なジビエ料理が得意というシェフですが、春は旬の鯛を使った魚料理がメインとして供されます。

優しめのタッチかと思いきや、加太(かだ)で揚がった鯛と赤足海老、帆立のムースをパイで包んで香ばしく焼き上げた古典料理の粋が詰まった重厚なひと皿。

加太の鯛のパイ

加太の鯛、赤足海老、帆立のムースをそれぞれ火入れし、パイで包んだ王道のひと皿。旬野菜、鯛のあらを煮詰めた白ワインソースと。写真左のように切り分けて供す。

一方前菜は、鯛のマリネに柑橘とゼリーを合わせ、こちらは素材のうまみに爽やかな酸味や香りを重ねたエレガントな味わいです。

レストランがあるのは県民交流施設の最上階という意外な立地ですが、一度訪れれば納得。空間やサービスも含め、ここならではのおいしさがあることを誰もが実感することでしょう。

手島さん

フランス料理界の重鎮、吉野 建さんより和歌山店を任されて12年。クラシックフレンチの継承者としても注目を集める手島シェフ。

レストラン オテル・ド・ヨシノ
住所:和歌山市手平2-1-2 和歌山ビッグ愛12階
TEL:073(422)0001
営業時間:11時30分~14時(LO)、17時30分~21時(LO)
定休日:月曜・火曜(祝日の場合は営業)
URL:https://www.hoteldeyoshino.com/
昼コース3700円、5600円、8800円、1万2000円。夜コース7000円~。写真は昼8800円の献立より。
個室1室(2~6名)
※要予約
※中学生以下は個室のみ来店可能。

「#フレンチ」の記事一覧はこちら
和歌山県のナチュラルチーズ専門店

この特集の掲載号
『家庭画報』2020年4月号

 

〔特集〕東京、北海道、金沢、大阪、福岡ほか 名店の「昼膳」(全18回)

01 和食の名店「懐石 小室」で楽しむ“花懐石”【東京・神楽坂】

02 ご主人の創意工夫が冴え渡る。「銀座 小十」で出合う新たな日本料理

03 「銀座 鮨青木」のご主人が満を持してオープン。美味と美酒の空間「離」

04 若き主人が蒐集した器づかいも楽しみの和食店「御料理 辻」【東京・麻布十番】

05 名物はからすみそば!和久傳料理長であった主人が腕をふるう和食店「おかもと」

06 「平河町 かなや」で“和敬洋讃”のモダン和食をゆったりと

07 温かな雰囲気と実直な味が自慢。路地裏の和食店「麻布 和敬」(西麻布)

08 3つ星シェフが新天地、八ヶ岳へ。1回1組のみのレストランでシェフを独り占め

09 北の大地の豊かな味わいを求めて。話題の北海道フレンチ

10 金沢の昼膳で、北陸の海と山の恵みを存分に味わう

11 古民家の趣ある空間で里山の幸をゆったり堪能【大阪・高槻】

12 奈良の美味を味わうならこちら。食通も支持する実力派の和食店2軒

13 和歌山の豊かな食材を正統派フレンチで味わう。「レストラン オテル・ド・ヨシノ 」

14 歴史を刻んだ日本家屋でモダンな九州フレンチを【福岡市】

15 一面に敷き詰められたうにご飯! 北九州の地の幸を追求する「日本料理トビウメ」

16 料理にも握りにも。福岡育ちの個性が光るすし店「倉満」(宗像市)

17 主人の想いを込めた八寸が卓上に花開く。福岡の気鋭の和食店「御料理 古川」

表示価格はすべて税抜きです。

撮影/本誌・西山 航 取材・文/西村晶子

※価格には別途サービス料や個室料金がかかる場合がございます。
※特集内でご紹介した料理は、食材調達の都合で変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

『家庭画報』2020年4月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年9月号 7月31日発売

九州を愛す

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading