レストラン

和食の名店「懐石 小室」で楽しむ“花懐石”【東京・神楽坂】

東京、北海道、金沢、大阪、福岡ほか 名店の「昼膳」 第1回(全18回) 桜の便りとともに、本誌の人気特集、「昼膳」の最新版が完成しました。編集部が日本全国より厳選した名店の数々をご紹介。ぜひ長くご活用ください。

「懐石 小室」の記事は2ページ目をご覧ください

昼膳

古都・奈良に開業して3年、「奈良 而今(にこん)」春の八寸。花筏のお膳に雲錦の陶筥と、雅趣に満ちた演出が印象的。(4/10公開予定の記事にてご紹介)

おいしいものを囲んで優雅に。“昼膳”は「家庭画報」の特集から生まれた言葉です

「家庭画報」の特集から「昼膳」という言葉が生まれたのは33年前。社用などで美味を楽しむ男性に対して、女性も昼間に外に出かけておいしいものを囲んで優雅に過ごす、新たな女性の自由時間を「昼膳」と題して特集しました。

昭和から平成へと変わる当時、大きな反響を呼び、「昼膳」は女性同士のお楽しみの1つのジャンルとして確立しました。

以来、本誌の定番企画としてさまざまな切り口のもとに「昼膳」を特集してきましたが、実は昼膳にもその時代の流行、風潮が色濃く反映されています。

総檜のカウンター

「懐石 小室」の総檜のカウンター。特別昼膳では、アンティークのドーム作品“桜文ガラス酒器”や、正木春藏作“牡丹文蓋碗”など、花にちなんだ器が春を呼ぶ。(詳細は次のページ>>

2020年、元号が令和と変わり、かつてないスピードで時代も大きく変わろうとしています。

そんな今だからこそ、心地よいサービスのもと、きちんと手をかけられた洗練の料理を味わい、忙しい日々におけるお昼の自由時間を楽しみたいという気運が高まっているのではないでしょうか。

日本料理トビウメ

福岡・鐘崎漁港の紫うにをたっぷり楽しめる北九州市「日本料理トビウメ」のご自慢の一品。この地でしか出会えない口福だ。

このたびの特集では、「名店」「話題店」と呼ばれる料理店の中から、女性がお昼を優雅に過ごすことにポイントを置いて、編集部が厳選。

今、名店で味わえる「昼膳」をお届けいたします。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年12月号 10月30日発売

美味の「お取り寄せ」を極める

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading