レストラン

「冨所(とみどころ)」気鋭の職人が握る、大ぶりネタの江戸前ずし

EDITOR’S REPORT 街に溢れるさまざまな情報の中から、編集部員が読者の皆さまに役立つ情報を厳選してご紹介します。新しくオープンした店や、アイディアが光る新商品、地方発の注目情報など、日々の暮らしをより楽しく、豊かにしてくれる情報がきっと見つかります。

33歳・気鋭の職人による、ネタとシャリの調和が魅力の大きめの握り

「頰張る感覚で楽しんでいただければ」と話す佐藤浩二さんが握る江戸前ずしは、大ぶりのネタが特徴。それに合わせてシャリも絶妙な大きさと固さです。

富所店内

「故郷・北海道の古代品種で、赤酢とよく合います」。粒の輪郭がはっきりしている分、握りにくいそうですが、佐藤さんの確かな技術でふんわりとまとまっています。

寿司

写真は左から穴子、こはだ、とろ、さわら、かすご。例えばさわらは醬油に漬けて甘さを引き出すなど、丁寧な仕事も白眉です。昼は握り12貫6000円~。夜は握り15貫とおつまみのお任せで1万8000円~(税・サービス料込み)。カウンター6席、要予約(1か月先まで受け付け)。

Information

冨所(とみどころ)

東京都港区新橋6-13-3 1階

TEL 03(6876)0646
営業時間 12時~13時30分(LO)、19時~21時(LO)
定休日 無休

「家庭画報」2019年5月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年6月1日(土)発売

心潤す緑陰の美術館へ『家庭画報』2019年7月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading