レストラン

贈り物にもおすすめ。神楽坂「ふしきの」日本酒の香りと味わいを堪能するための3つの酒器

日本酒の魅力を再発見する酒器が誕生。1種のお酒で気軽にペアリングを

日本酒が持つ香り、味わいを多角的に楽しめるように、緻密な計算のもと作られた3つの酒器。

下写真の左「TYPE DRY」は日本酒の酸味、切れ味を、中の「TYPE MILD」はお米のうまみ、まろやかさを、右の「TYPE RICH」は日本酒の複雑さ、濃厚さを、ぞれぞれ引き出します。

ふしきの 3つの酒器

左「TYPE DRY」中「TYPE MILD」右「TYPE RICH」

「料理に応じて合わせるお酒を変えるのではなく、こちらの器を使い分けることで1種類の日本酒のみでも食事を最後まで楽しんでいただけます」と話すのは、開発に携わった宮下祐輔さん。

東京・神楽坂で日本酒と料理のペアリングを提案する専門店「ふしきの」を営む傍ら、世界に向けて日本酒の魅力を発信しています。

上写真の右奥は徳利と片口を兼用できる「カラフェ」(3月1日発売予定)。いずれも日本酒を添えての贈り物にもおすすめです。

asobi sake ceramics 酒器3点セット

asobi sake ceramics 酒器3点セット(木箱、オリジナルブック付き)9600円、カラフェ7800円。

Information

表示価格はすべて税抜きです。

「家庭画報」2019年3月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年12月号 11月1日(金)発売

招く日の華麗なるインテリア

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading