レストラン

現代作家の器づかいも楽しみ。和牛の多彩な味わいが楽しめる肉割烹へ「肉割烹ゆうざん」

12席のカウンターの中に鎮座するのは、信楽の陶芸家、中川一辺陶さんに特注した焼き台とかまど。

肉割烹ゆうざん

牛肉の炭火焼きをメインにした夜のコースは1万8000~3万3000円(炭火焼きにする牛肉の産地と部位により異なる)で約10品、部位や調理法によって異なる牛肉の味わいが存分に楽しめます。

「季節の野菜や魚、秋田のジビエなども織り交ぜながら、新しい味との出合いを楽しんでいただきたい」と料理長の坂本俊介さん。

鹿児島産黒毛和牛ヒレの炭火焼き、ゆで牛たんの地がらし餡、秋田・湯沢産のせりを添えた和牛サーロインのしゃぶしゃぶ。

写真は手前から、鹿児島産黒毛和牛ヒレの炭火焼き、ゆで牛たんの地がらし餡、秋田・湯沢産のせりを添えた和牛サーロインのしゃぶしゃぶ。昼は御膳3800円~、コース6500円~(ともに税込み)。なるべく予約を。

Information

肉割烹ゆうざん (にくかっぽう ゆうざん)

東京都中央区銀座6‐8‐7 交詢ビル4階

TEL 03(3289)2050
Lunch 11時30分~14時(LO)
Dinner 17時~22時(LO)
定休日 月曜

http://nikuyuzan.com/

●このお店は、家庭画報が太鼓判を押す店を料理研究家・土井善晴先生が訪ねる、BS朝日の番組『土井善晴の美食探訪』で紹介されました!
『土井善晴の美食探訪』>>

「#美食探訪」の記事をもっと見る>>

「家庭画報」2018年3月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年3月号 2月1日発売

秘密の京都

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading