レストラン

芸術家の感性が光る、充実した5品のペアリング。立礼茶室「然美」

「心を調える」秋 京都で新体験 第29回(全30回) 時代の変わり目、何かと心がざわめき、心が調(ととの)わないと感じる日々が続きます。今、私たちに必要なのは、心をからっぽにし、頭を整理する時間です。自分の心に、自分の人生に深く残る何かを求めて、日本の心の原点、京都に旅立ちます。前回の記事はこちら>>

立礼茶室「然美」(祇園)

立礼茶室「然美」 祇園

コースメニューの一例の1品目は、「宇治茶 利招園茶舗」の玉露とあおさと発酵バターのお菓子。和洋のバランスが絶妙な一品。

若手現代芸術家の感性が光る、充実した5品のペアリングコース

建仁寺・両足院での個展が開催予定など、活躍が期待されながら、27 歳の若さで急逝した現代芸術家でデザイナーの髙橋大雅さんが2021年にオープンした、遺作ともいえる茶寮です。

立礼茶室「然美」 祇園

2品目は「一保堂」の極上ほうじ茶と、とうもろこしのお汁粉。

お茶の席を総合芸術と捉え、空間から器までこだわり抜いてプロデュース。京都の唐紙工房「かみ添」に依頼して作り上げた壁紙や、茶寮のためだけに作った石の器など、ここだけの特別なしつらいが魅力です。店長の山本浩之さんが一礼してからお茶を淹れていく様子は、パフォーマンスアートのよう。

立礼茶室「然美」 祇園

店長の山本さん。モダンな空間にお茶が映える。

月替わりの全5品のコースの中にはお茶をベースにしたカクテルもあります。

Information

立礼茶室「然美」(りゅうれいちゃしつ「さび」)

京都市東山区祇園町南側570-120

TEL 075(525)4020
営業時間 13時~14時30分、16時~17時30分の2部制
定休日 水曜定休
  • 要予約 「茶菓懐石」5500円

〔特集〕「心を調える」秋 京都で新体験

01 京都で新体験

02 歌舞伎俳優 中村隼人さん、京都で“禅の心”に触れる

03 中村隼人さんが実践!掃除は「動く禅」、松山大耕さんに学ぶ“禅の教え”

04 禅画に学ぶ「禅の教え」と、1日5分「坐禅の仕方」

05 「パーク ハイアット 京都」で新体験

06 辻留 京都店主人・平 晴彦さんに学ぶ。「紅葉狩り弁当」作りの心得 三か条

07 折詰に料理を詰める際のコツも。“紅葉狩り弁当”の盛りつけ手順

08 辻留 京都店主人に教わる「“紅葉狩り弁当”献立レシピ」

09 京都・平安神宮神苑で「名庭」を観る

10 植治次期12代 小川勝章さんに学ぶ。庭の骨格は、石と常緑樹にあり

11 芸術の秋を満喫!「アマン京都」のアートな特別プラン

12 京都で朝の坐禅を体験!「注目ホテル」の体験プラン

13 京都・紅葉の季節に貸し切りで、寺社を特別に拝観

14 京都在住の著者がすすめる「あまり知られていない、とっておきのスポット」6選

15 京都在住の著者がすすめる「とっておきの食事処」

16 京都在住の著者がすすめる「女性同士で行くのにとっておきのバー」

17 京都在住の著者がすすめる「とっておきのお土産」

18 祇園で味わう王道の京料理「凌霄」

19 京都「おが和」で味わい深い“秋のご馳走”を

20 話題の一軒「ひがしやま司」おまかせコースで秋を堪能

21 秋の味覚を揚げたての天ぷらで。京都・西陣の志高い一軒「天若」

22 京都「京、静華」で洗練の中国料理を

23 京都「ミドル (middle) 」和素材のフレンチを

24 祇園の名割烹・祇園又吉の姉妹店「また吉」

25 自由に選べる一品料理。京都「割烹しなとみ」

26 町家空間でジャンルレスな料理「COPPIE(コピエ)」

27 コース仕立てが新しい。京都「◯間(MA)」

28 一棟を貸し切りで!「茶室/茶藝室 池半」

29 芸術家の感性が光るペアリング。立礼茶室「然美」


この特集の掲載号
『家庭画報』2022年10月号

『家庭画報』2022年10月号

撮影/本誌・西山 航

『家庭画報』2022年10月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

1月号 12月1日発売

日本の絶景 神社巡り

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading