レストラン

京都「ミドル (middle) 」移りゆく鴨川の眺望とともに、和素材のフレンチを

「心を調える」秋 京都で新体験 第23回(全30回) 時代の変わり目、何かと心がざわめき、心が調(ととの)わないと感じる日々が続きます。今、私たちに必要なのは、心をからっぽにし、頭を整理する時間です。自分の心に、自分の人生に深く残る何かを求めて、日本の心の原点、京都に旅立ちます。前回の記事はこちら>>

この秋に行きたい新・美味処

注目の新店をご紹介します。旅のプランに合わせて選ぶ美味処で、古都の秋をご堪能ください。

Middle(下鴨)

Middle

取り分けて楽しむ仔牛の炭火焼き、焼き野菜とサラダ。

[おまかせ]移りゆく鴨川の眺望とともに和素材のフレンチを味わう

15歳で英国に留学。その後フランスで料理の修業を積み、帰国後、大阪のコンテンポラリーフレンチの名店に勤めた藤尾康浩シェフ。その間に若手料理人が競う国際料理コンクール「サンペレグリノ ヤングシェフ」で日本人初のグランプリを獲得し、以来、その料理は注目と期待を集めています。

2021年10月にオープンした「Middle」ではゲストや食材によってメニューを変え、独創的かつ芸術的な料理が11 品のコースに仕立てられます。

Middle

数寄屋建築や和の趣を取り入れた重厚な佇まいの一軒家。2階のダイニングからは鴨川を一望でき、紅葉も楽しめる。

「以前は自我を前面に打ち出す攻めの料理が多かったのですが、京都に来てからは食材や空間、季節や人に合わせた料理を自然に作るようになりました」。

イタリア領事の元私邸だった建物との出合いや、開業準備中に弟子入りした日本料理店「木山」での得難い経験に刺激を受けて、「まだ始まったばかり」とも語ります。秋からは取り分けながら味わうメイン料理や、和素材を使った一皿も登場。メニューはなく、すべては来店してからのお楽しみ。鴨川を前に一期一会の美食に出合えます。

下のフォトギャラリーで詳しくご紹介します。

Information

ミドル

京都市左京区下鴨上川原町5-3

TEL 050-3187-3880
営業時間 12時、17時〜18時30分(ともに入店)
定休日 不定休
  • 要予約
    コース2万4200円

〔特集〕「心を調える」秋 京都で新体験

01 京都で新体験

02 歌舞伎俳優 中村隼人さん、京都で“禅の心”に触れる

03 中村隼人さんが実践!掃除は「動く禅」、松山大耕さんに学ぶ“禅の教え”

04 禅画に学ぶ「禅の教え」と、1日5分「坐禅の仕方」

05 「パーク ハイアット 京都」で新体験

06 辻留 京都店主人・平 晴彦さんに学ぶ。「紅葉狩り弁当」作りの心得 三か条

07 折詰に料理を詰める際のコツも。“紅葉狩り弁当”の盛りつけ手順

08 辻留 京都店主人に教わる「“紅葉狩り弁当”献立レシピ」

09 京都・平安神宮神苑で「名庭」を観る

10 植治次期12代 小川勝章さんに学ぶ。庭の骨格は、石と常緑樹にあり

11 芸術の秋を満喫!「アマン京都」のアートな特別プラン

12 京都で朝の坐禅を体験!「注目ホテル」の体験プラン

13 京都・紅葉の季節に貸し切りで、寺社を特別に拝観

14 京都在住の著者がすすめる「あまり知られていない、とっておきのスポット」6選

15 京都在住の著者がすすめる「とっておきの食事処」

16 京都在住の著者がすすめる「女性同士で行くのにとっておきのバー」

17 京都在住の著者がすすめる「とっておきのお土産」

18 祇園で味わう王道の京料理「凌霄」

19 京都「おが和」で味わい深い“秋のご馳走”を

20 話題の一軒「ひがしやま司」おまかせコースで秋を堪能

21 秋の味覚を揚げたての天ぷらで。京都・西陣の志高い一軒「天若」

22 京都「京、静華」で洗練の中国料理を

23 京都「ミドル (middle) 」和素材のフレンチを


この特集の掲載号
『家庭画報』2022年10月号

『家庭画報』2022年10月号

撮影/内藤貞保 取材・文/西村晶子

『家庭画報』2022年10月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

1月号 12月1日発売

日本の絶景 神社巡り

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading