レストラン

彩り美しい“お刺身サラダ”が定番人気。京都「京、静華」で洗練の中国料理を

「心を調える」秋 京都で新体験 第22回(全30回) 時代の変わり目、何かと心がざわめき、心が調(ととの)わないと感じる日々が続きます。今、私たちに必要なのは、心をからっぽにし、頭を整理する時間です。自分の心に、自分の人生に深く残る何かを求めて、日本の心の原点、京都に旅立ちます。前回の記事はこちら>>

この秋に行きたい新・美味処

注目の新店をご紹介します。旅のプランに合わせて選ぶ美味処で、古都の秋をご堪能ください。

京、静華(岡崎)

京、静華

手前から、浜松の幻の蟹といわれる「どうまん蟹のネギ生姜炒め」、京都・亀岡の「七谷鴨の山東風香味揚げ」。蟹は身が詰まって濃厚。蒸して丸揚げしたジューシーな鴨は目の前でカットして出される。

[おまかせ]素材に真摯に向き合い、生み出される洗練の中国料理

テーブル席をオープンキッチンのカウンターに改装し、2020年11月に新たなスタートを切った「京、静華」。

「一人で仕事がしやすいようにカウンターに替えました。調理の様子もお楽しみいただけて、私もお客さまから刺激を受けています」とご主人の宮本静夫さん。自身の仕事に常に真摯に向き合う40余年のキャリアを持つ大ベテランであり、70歳になった今も洗練の味で多くの人を魅了し続けています。

京、静華

京都に店を開いて14年、アーチ形のカウンターで料理をする宮本静夫さん。

旺盛な探究心によって料理は年々研ぎ澄まされ、定番のお刺身サラダは食感の違いと彩りの美しさでバージョンアップ。山東省の郷土料理の鴨の香り揚げは素材やスパイス、火入れに注意を払い、野趣味を深めています。また、特別な食材が手に入ったときは、それを取り入れたコースが自在に組み立てられます。

常連客が何より楽しみにしているのは、塗りの椀で出されるスペシャリテの「ふかひれの姿煮」。季節により調理法が変わり、何度いただいても感動する唯一無二の逸品です。

下のフォトギャラリーで詳しくご紹介します。

Information

京、静華(きょう、せいか)

京都市左京区岡崎円勝寺町36-3

TEL 075(752)8521
営業時間 18時(一斉スタート)
定休日 月曜・火曜定休 不定休あり
  • コース1万9800円〜、ふかひれ料理はプラス7000円

〔特集〕「心を調える」秋 京都で新体験

01 京都で新体験

02 歌舞伎俳優 中村隼人さん、京都で“禅の心”に触れる

03 中村隼人さんが実践!掃除は「動く禅」、松山大耕さんに学ぶ“禅の教え”

04 禅画に学ぶ「禅の教え」と、1日5分「坐禅の仕方」

05 「パーク ハイアット 京都」で新体験

06 辻留 京都店主人・平 晴彦さんに学ぶ。「紅葉狩り弁当」作りの心得 三か条

07 折詰に料理を詰める際のコツも。“紅葉狩り弁当”の盛りつけ手順

08 辻留 京都店主人に教わる「“紅葉狩り弁当”献立レシピ」

09 京都・平安神宮神苑で「名庭」を観る

10 植治次期12代 小川勝章さんに学ぶ。庭の骨格は、石と常緑樹にあり

11 芸術の秋を満喫!「アマン京都」のアートな特別プラン

12 京都で朝の坐禅を体験!「注目ホテル」の体験プラン

13 京都・紅葉の季節に貸し切りで、寺社を特別に拝観

14 京都在住の著者がすすめる「あまり知られていない、とっておきのスポット」6選

15 京都在住の著者がすすめる「とっておきの食事処」

16 京都在住の著者がすすめる「女性同士で行くのにとっておきのバー」

17 京都在住の著者がすすめる「とっておきのお土産」

18 祇園で味わう王道の京料理「凌霄」

19 京都「おが和」で味わい深い“秋のご馳走”を

20 話題の一軒「ひがしやま司」おまかせコースで秋を堪能

21 秋の味覚を揚げたての天ぷらで。京都・西陣の志高い一軒「天若」

22 京都「京、静華」で洗練の中国料理を


この特集の掲載号
『家庭画報』2022年10月号

『家庭画報』2022年10月号

撮影/伊藤 信 取材・文/西村晶子

『家庭画報』2022年10月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

1月号 12月1日発売

日本の絶景 神社巡り

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading