レストラン

仕込み3か月のドミグラスソースで楽しむ洋食店の「おまかせ」

「僕にとって洋食は日本料理。一番のこだわりはドミグラスソース。こくを出すために3か月かけて仕込んでいます」と話すシェフの川岸健二さん。

洋食 川ぎし ビフカツ、オムライス、グラタン

カウンターのお店を一人できりもりし、ビフカツ、オムライス、グラタン(写真・すべて2名分)などで構成する骨太のコースを提供しています。

洋食 川ぎし

旬の魚と野菜で季節感を出し、メンチカツやハンバーグをメインに、ご飯ものはハヤシライスやカレーに、と献立は日々替わります。ソースたっぷりなのに完食しても胃にもたれず、懐かしいけれどどこか新しく軽やか。ワインもすすむおいしさです。コース(7~8品)7000円(税込み)~。要予約。

Information

洋食 川ぎし

大阪市天王寺区石ヶ辻町14‐6 錢屋本舗本館101号

TEL 06(6773)9483
営業時間 18時~22時(入店)
定休日 不定休

表示価格はすべて税込みです。

「家庭画報」2018年3月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

家庭画報 最新号

家庭画報2018年3月号

2018年3月号 2月1日(木)発売!

羽生結弦選手関連の特別付録つき

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading