レストラン

大分県・大地のパワーを感じる旅。美味を堪能するなら「日本料理 別府 廣門 」へ

絶景の開運スポットへ 第18回(全23回) 地理風水師・御堂龍児(みどうりゅうじ)さんがすすめるパワースポットを中心に、その言葉を織り込みながら絶景を楽しみ、湯に浸かり、大地の恵みをいただく“開運旅”へ、ご案内します。前回の記事はこちら>>

開運の旅へ「大分」
石と温泉、大地の力を体感する

臼杵→別府→耶馬溪

大分県には、臼杵や国東半島に残る磨崖仏(まがいぶつ)、切り立った岩峰が点在する耶馬溪など、石の文化、絶景が多く見られます。一方、温泉の源泉数、湧出量ともに全国1位を誇る“おんせん県”でもあり、別府、由布院をはじめ、県内各所に湯のパワーが漲っています。「石と温泉」のパワーをいただきに、いざ大分へ。

〔食〕日本料理 別府 廣門 (大分県別府市)

日本料理 別府 廣門 (大分県別府市)

佐賀関で見つけた平石の上に大分の自然を表現した6月の八寸。別府産天然車海老の含め煮、別府産鮑の真空蒸し、由布院産鱒の竜皮昆布巻き、駅館(やっかん)川の川海苔茶巾、「むかし野菜の邑」の8種の野菜のおひたし、蘭王たまごのしっとり厚焼き、自家製からすみなど。

大分の石の文化を取り込んだ華やかな水無月の八寸

臼杵石仏、宇佐に75基も残る石橋など、石の文化を持つ大分はまた、山海の幸を生かした美食の宝庫でもあります。大地のパワーを感じる旅の途中にその美味を堪能するなら「日本料理 別府廣門」へ。

大阪、東京のミシュランの星つき日本料理店で長く研鑽を積んだ主人、廣門泰三さんが故郷の別府に昨年6月に開いたカウンター6席の店です。

日本料理 別府 廣門 (大分県別府市)

欅の一枚板のカウンターを前に、主人の廣門泰三さんと、奥さまで女将の美智子さん。

看板や玄関土間の割石には臼杵の灰石が使われ、料理の盛りつけにも地元産の石を取り入れています。「野菜はできるだけ無農薬、自然栽培された風味豊かな地場のもの、自ら採ってきた山菜や野草を使っています」と廣門さん。

そうした思いが凝縮されたのが、20品目から成る月替わりの八寸。従来の調理法を見直すことで、野菜の美味を余すところなく引き出しているのが特徴です。店名物の「骨抜き鱧」をはじめ、繊細な風味が生きる逸品の数々は、明日への英気になるに違いありません。

下のフォトギャラリーで詳しくご紹介します。

Information

日本料理 別府 廣門(にほんりょうり べっぷ ひろかど)

大分県別府市堀田4組-2

営業時間 12時~、18時~(ともに一斉スタート)
定休日 不定休
  • 昼夜ともコース2万2000円 予約サイト「TableCheck」より要予約 空席問い合わせのみ TEL:0977(85)8523

〔特集〕絶景の開運スポットへ

01 絶景の開運スポットへ

02 藤の名所「天王川公園」の花絶景

03 水仙の“花絶景”「びわ湖バレイ」

04 明石海峡と大阪湾の絶景「兵庫県立公園あわじ花さじき」

05 ポピーが色鮮やかに、力強く咲く「くじゅう花公園」

06 シャクヤクの花畑へ。約160種、2000株が咲く「手づくり村 鯉艸郷」

07 伊豆最古の宮「白濱神社」へ開運旅へ

08 峰温泉の歴史を刻む宿「玉峰館」(伊豆・河津)

09 龍脈につながる岬は、まさに伝説の龍そのもの!「石廊崎」

10 「伊豆」の開運旅のおすすめルート&お土産

11 じんわりとエネルギーが満ちる「琵琶湖」へ開運旅

12 「ロテル・デュ・ラク」絶景と、“湖北キュイジーヌ”を楽しむ

13 自由な感性で土地の美味を生かすイタリアン「ビワコラージュ」

14 多彩な琵琶湖の魚を堪能する、寿司割烹「ひさご寿し」

15 御堂龍児さんおすすめの琵琶湖のパワースポット「藤ヶ崎神社」

16 「琵琶湖」の開運旅のおすすめルート&お土産

17 「大分」へ開運旅。パワースポット「国宝臼杵石仏」

18 大地のパワーを感じる旅。美味を堪能するなら「日本料理 別府 廣門 」へ


この特集の掲載号
『家庭画報』2022年6月号

『家庭画報』2022年6月号

取材協力/御堂龍児
撮影/大泉省吾 取材・文/冨部志保子

『家庭画報』2022年6月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

9月号 8月1日発売

次の九州は“美味しい”を訪ねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading