レストラン

湘南の新鮮な食材と、チーズを満喫する一軒家ビストロ「スブリデオ レストラーレ」(由比ガ浜)

初夏の「行楽昼膳」 第7回(全18回) 首都圏や関西各地から日帰り遠足気分で訪ねられる距離にありながら、別世界を味わえる、個性豊かなレストランにご案内します。前回の記事はこちら>>

スブリデオ レストラーレ Subrideo Restaurare(由比ガ浜)

スブリデオ レストラーレ

手前は前菜「ホワイトアスパラガスのグリル」。歯ごたえを残したホワイトアスパラガスとトリュフの香るブリーチーズをタルタルソースで。奥は相模湾の地魚をチーズソースで味わう前菜「季節地魚のカルパッチョ」。

チーズの個性と魅力を満喫する一軒家ビストロ

世界中のチーズに精通し、「フランスチーズ鑑評騎士」シュヴァリエ勲章を受勲した吉田健志さんが営むチーズ料理のビストロが、東京・恵比寿から由比ガ浜に移転。

朝どれの鎌倉野菜や港直送の魚介類など、湘南の新鮮な食材を使えるようになったことで、かねてから好評だった料理がより魅力的に進化しました。

ランチはプリフィックスコースが3種類。チーズは前菜からデザートまですべてに使われますが、主役はあくまでも季節の野菜や魚、肉で、チーズは「調味料のように仕上げに少し使う」のが吉田さん流です。

スブリデオ レストラーレ

定番パスタ「ブカティーニ 濃厚ピスタチオソース」。

食材との相性や全体のバランスを考慮して使い分けられる30種類以上のチーズは、フランス、イタリア、イギリス、スペインなどのもの。

相模湾の地魚のカルパッチョには、その時々の魚に適したチーズが最適な切り方で用いられます。たとえば白身魚にはこくのあるチーズ、青魚には個性的なチーズを使うことが多いそう。定番のピスタチオソースのパスタは、黒こしょうをまぶして熟成させたペコリーノチーズの風味が全体の味わいを引き締める一品です。

窓からの暖かな日差しが心地よい一軒家でチーズ料理を満喫すれば、身も心も穏やかに満たされます。

下のフォトギャラリーで詳しくご紹介します。

Information

スブリデオ レストラーレ

神奈川県鎌倉市長谷2-3-30

TEL 0467(40)3259
営業時間 11時30分~13時(最終入店)、17時30分~20時(コースLO)※アラカルトは21時(LO)
定休日 月曜、第1・3・5火曜定休
  • 昼のコース4180円~、夜のコース6600円~ 予約可 個室1室あり

料理内容や食材、産地、営業時間、定休日等は変更になる場合があります。予めご確認のうえ、お出かけください。掲載の料金は税込み価格です。別途サービス料がかかる場合があります。

撮影/大泉省吾 取材・文/小松めぐみ

『家庭画報』2022年5月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Pick up注目記事

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

【創刊777号記念】11月号 10月1日発売

家庭画報の手土産

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading