レストラン

地元産野菜もたっぷり。軽井沢ビストロの極めつき「ビストロ モン.シュマン」

憧れの軽井沢ライフ 第16回(全24回) 本物の軽井沢別荘文化を知り、この地をこよなく愛する人々の別荘ライフと軽井沢の本物の暮らしを追求する話題のホテル、美食の新潮流を紹介していきます。前回の記事はこちら>>

軽井沢通が注目する新店・名店へ。食の新潮流

ここ数年、美食の地・軽井沢では自らのしなやかな料理哲学を持ったシェフのレストランが人気を集めています。

ビストロ モン.シュマン

ビストロ モン.シュマン

フレッシュなグリーンサラダ、タプナードを添えた「夏野菜のテリーヌ」と軽井沢らしい「冷たいビーツのスープ」。夏のディナーのコースから人気の2品。

地元産野菜もたっぷり。軽井沢ビストロの極めつき

「地元のかたも別荘のかたも。普段使いにも記念日にも。とにかく気軽に足を運んでいただけるビストロを作りたかったんです」と、しなの鉄道中軽井沢駅の程近くにある「ビストロ モン.シュマン」のオーナーシェフ佐藤道雄さん。

ビストロ モン.シュマン

居心地のよい山小屋風の店内。料理はご主人の佐藤道雄さん、サービスは奥さまの佳織さんが担当。

野菜をはじめ、新鮮で美味な食材が身近に入手できる軽井沢に魅せられ、横浜からご夫婦で移住、2019年夏にお店をオープンさせました。

「夏のおすすめは、地元の野菜と信州サーモンを使った“夏野菜のテリーヌ”。その日入手した野菜10種類くらいを使います」。

2日以上かけて作り上げるスペシャリテ「信州牛すね肉の赤ワイン煮込み」のとろける味わいも大人気。

ビストロ モン.シュマン

牛すね肉を赤ワインや野菜とともに48時間マリネしたあと、ことことと煮込んだ「信州牛すね肉の赤ワイン煮込み」は、店を代表するメニュー。

リピーターのお客さまが引きも切らないというのも納得です。

ビストロ モン.シュマン

愛らしい看板に導かれて2階のお店へ。

Information

ビストロ モン.シュマン

長野県北佐久郡軽井沢町長倉3215-11

TEL 0267(46)5800
営業時間 11時30分~13時30分(LO)、17時30分~19時30分(LO)
定休日 火曜定休(ほか不定休あり)
  • ランチコース2090円~、ディナーコース4950円~。 要予約

〔特集〕憧れの軽井沢ライフ

01 名門避暑地に暮らすということ

02 坂倉竹之助さんの軽井沢別荘「原点は祖父、西村伊作と過ごした簡素な家」

03 軽井沢らしさを大切にした「別荘建築の5原則」

04 屋根のあるテラスがこだわり「森に浮かぶツリーハウス」

05 くつろぎのテラスのある藤田 晋さんの別荘

06 「六角形リビング」の魅力

07 アントニン・レーモンド流儀の別荘「軽井沢新スタジオ」

08 林 真理子さんの軽井沢別荘

09 森の中で心安らぐ「軽井沢プリンスホテル ウエスト」

10 別荘感覚で滞在できる一棟貸しのヴィラ「ラ・メゾン」

11 一夜限りの“おかませ”コース「SONORITÉ(ソノリテ)」

12 軽井沢マリオットホテル「Grill & Dining G」

13 軽井沢に彗星のごとく現れた「レストラン Naz」

14 パティシエの青木定治さんも通い詰める「鳥嵩」

15 緑溢れるリゾートで正統派和食を味わう幸せ「穏坐」

16 軽井沢ビストロの極めつき「ビストロ モン.シュマン」

17 スペイン王室御用達の名店「ホセ・ルイス」がオープン

18 「東海岸スタイルのモーニング」&「川沿いのヴィーガンカフェ」

19 軽井沢通が注目!「軽井沢パン散歩」トリュフベーカリー軽井沢

20 「シオルベーカリー」の大人気食パン

21 国産小麦のパンが絶品。軽井沢「メイズベーカリー」

22 “夜に楽しむパン”がコンセプト軽井沢「JUGOYA」

23 老舗からニューフェイスまで「軽井沢テイクアウト」5選

24 軽井沢「ハルニレテラス」でワインやお総菜をテイクアウト


この特集の掲載号
『家庭画報』2021年8月号

『家庭画報』2021年8月号

撮影/角田 進 取材・文/露木朋子

※料理は状況によってメニューや盛りつけが異なる場合があります。店の営業時間、定休日は時期により異なる場合があります。

『家庭画報』2021年8月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

10月号 9月1日発売

癒やしの絶景美術館

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading