レストラン

緑溢れるリゾートで正統派和食を味わう幸せ。軽井沢「穏坐」

憧れの軽井沢ライフ 第15回(全24回) 本物の軽井沢別荘文化を知り、この地をこよなく愛する人々の別荘ライフと軽井沢の本物の暮らしを追求する話題のホテル、美食の新潮流を紹介していきます。前回の記事はこちら>>

軽井沢通が注目する新店・名店へ。食の新潮流

ここ数年、美食の地・軽井沢では自らのしなやかな料理哲学を持ったシェフのレストランが人気を集めています。

穏坐(おんざ)

穏坐

夏の昼献立から、「鱧の焼き霜とおとし」。ふっくらとした風味、ぎゅっと詰まったうまみと、旬の鱧の異なる味わいが同時に楽しめる逸品。髙橋料理長の技が冴え渡る。

緑溢れるリゾートで正統派和食を味わう幸せ

フランス料理の「プリマヴェーラ」といえば四半世紀にわたり、軽井沢の美食シーンをリードし続ける名店。次はぜひ日本料理のお店を、という長年のお客さまたちからの熱いリクエストを受け、オーナーシェフ・小沼康行氏監修の下、2020年春に「穏坐」が誕生しました。

京都や東京で経験を重ねた髙橋憲治料理長が作り出すのは、季節感を大切にした正統派の味わい。

穏坐

丁寧に引いただしも香り立つお椀「鱧の葛打ち」。枝豆真薯や賀茂なす、万願寺唐辛子などが盛夏の到来を告げる。

「旅から自宅に帰ってくつろぐことを意味する仏教の言葉、“帰家穏坐”にも因んだ店名です。そんな気持ちで過ごしていただけたら」(髙橋料理長)。

「プリマヴェーラ」に隣接していることから、締めくくりにはフレンチテイストのデザートも登場。料理はオープンエアのテラスでもいただけます。

穏坐

「抹茶と湯葉 ホワイトチョコレートのエスプーマ」は、この店ならではの日仏コラボのデザート。

Information

穏坐(おんざ)

長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1278-11

TEL 0267(42)0095(代表)または 0267(42)0137
営業時間 12時(一斉スタート)~、17時30分~
定休日 月曜・火曜定休(夏期は変動あり)
  • ランチ8800円~、ディナー1万3000円~(いずれもサービス料別)。要予約

〔特集〕憧れの軽井沢ライフ

01 名門避暑地に暮らすということ

02 坂倉竹之助さんの軽井沢別荘「原点は祖父、西村伊作と過ごした簡素な家」

03 軽井沢らしさを大切にした「別荘建築の5原則」

04 屋根のあるテラスがこだわり「森に浮かぶツリーハウス」

05 くつろぎのテラスのある藤田 晋さんの別荘

06 「六角形リビング」の魅力

07 アントニン・レーモンド流儀の別荘「軽井沢新スタジオ」

08 林 真理子さんの軽井沢別荘

09 森の中で心安らぐ「軽井沢プリンスホテル ウエスト」

10 別荘感覚で滞在できる一棟貸しのヴィラ「ラ・メゾン」

11 一夜限りの“おかませ”コース「SONORITÉ(ソノリテ)」

12 軽井沢マリオットホテル「Grill & Dining G」

13 軽井沢に彗星のごとく現れた「レストラン Naz」

14 パティシエの青木定治さんも通い詰める「鳥嵩」

15 緑溢れるリゾートで正統派和食を味わう幸せ「穏坐」

16 軽井沢ビストロの極めつき「ビストロ モン.シュマン」

17 スペイン王室御用達の名店「ホセ・ルイス」がオープン

18 「東海岸スタイルのモーニング」&「川沿いのヴィーガンカフェ」

19 軽井沢通が注目!「軽井沢パン散歩」トリュフベーカリー軽井沢

20 「シオルベーカリー」の大人気食パン

21 国産小麦のパンが絶品。軽井沢「メイズベーカリー」

22 “夜に楽しむパン”がコンセプト軽井沢「JUGOYA」

23 老舗からニューフェイスまで「軽井沢テイクアウト」5選

24 軽井沢「ハルニレテラス」でワインやお総菜をテイクアウト


この特集の掲載号
『家庭画報』2021年8月号

『家庭画報』2021年8月号

撮影/角田 進 取材・文/露木朋子

※料理は状況によってメニューや盛りつけが異なる場合があります。店の営業時間、定休日は時期により異なる場合があります。

『家庭画報』2021年8月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

11月号 10月1日発売

京都の醍醐味

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading