連載

京都随一、嘯月(しょうげつ)のきんとんは、なぜ、こんなにも繊細なのか

随筆家 大村しげの記憶を辿って 私だけの京都へ 第20回「嘯月」

随筆家 大村しげの記憶を辿って かつて、京都の「おばんざい」を全国に広めたお一人、随筆家の大村しげさんをご存じでしょうか。彼女の生誕100年となる今年、書き残された足跡を訪ねて、生粋の京女が認めた京都の名店や名品をご紹介します。記事一覧はこちら>>

京都を旅するにあたり、京都ならではの場所や味に出会うために、私たちはなにを拠り所とすればよいのでしょうか。京都の情報を多数書き残した、随筆家・大村しげさんの記憶は、まさに京都を深く知るための確かな道しるべ。今回も彼女にまつわる名店を辿ります。

大村しげ大村しげ
1918年、京都の仕出し屋の娘として生まれる。1950年前後から文筆をはじめ、1964年に秋山十三子さん、平山千鶴さんとともに朝日新聞京都版にて京都の家庭料理や歳時記を紹介する連載「おばんざい」を開始。これをきっかけに、おばんざいが知れ渡り、大村しげさんも広く知られるようになる。以来、雑誌や著書で料理、歴史、工芸など、幅広く京都の文化について、独特の京ことばで書き残した。1990年代に車いす生活となったのを機にバリ島へ移住。1999年、バリ島で逝去。 撮影/土村清治

10月の楽しみといえば栗のお菓子

「わたしはいまでも甘いもんはきらいで、お菓子は大好きというから、笑われる。それでも、ほんまのお菓子は、甘さを殺して、殺して作ってあるので、少しも甘いことはない」(『美味しいもんばなし』鎌倉書房)。

京都の数々の銘菓を紹介した大村しげさんは、こんな言葉を残しました。当時の彼女を知る方々に話を聞くと、ただ甘いだけでなく良質な素材と味付けのバランスを計算したお菓子がお好みだったようです。

そんな彼女が秋の味覚として楽しみにしていたのが嘯月(しょうげつ)の栗きんとんです。

静かな住宅街にある嘯月。地方からのお客様も多いようで、タクシーに乗った方たちが次々とこちらを訪れます。

大村さんは「十月に栗が甘うなったら嘯月の栗きんとんをいただこう」(『美味しいもんばなし』)と書いたほか、著書『冬の台所』(冬樹社)では、八百屋さんの店頭で丹波の栗を見ると嘯月の栗きんとんが目の前にちらつくと記述しています。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年6月1日(土)発売

心潤す緑陰の美術館へ『家庭画報』2019年7月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading