連載

あなたの食べているだし巻きは京巻き?それとも大阪巻き?

随筆家 大村しげの記憶を辿って 私だけの京都へ 第15回「三木鶏卵」

三木鶏卵 大村しげの愛した味

随筆家 大村しげの記憶を辿って かつて、京都の「おばんざい」を全国に広めたお一人、随筆家の大村しげさんをご存じでしょうか。彼女の生誕100年となる今年、書き残された足跡を訪ねて、生粋の京女が認めた京都の名店や名品をご紹介します。毎週金曜更新。

大村しげ大村しげ
1918年、京都の仕出し屋の娘として生まれる。1950年前後から文筆をはじめ、1964年に秋山十三子さん、平山千鶴さんとともに朝日新聞京都版にて京都の家庭料理や歳時記を紹介する連載「おばんざい」を開始。これをきっかけに、おばんざいが知れ渡り、大村しげさんも広く知られるようになる。以来、雑誌や著書で料理、歴史、工芸など、幅広く京都の文化について、独特の京ことばで書き残した。1990年代に車いす生活となったのを機にバリ島へ移住。1999年、バリ島で逝去。(写真提供/鈴木靖峯さん)

京の台所・錦市場は、大村しげさんにとって日々の食材の買い出しをする馴染みの場所でした。現在、観光客が大勢訪れる錦市場は、大村しげさんの時代は観光スポットというよりも、地域に根差した日常的な市場の性格がより色濃かったのです。

そんな錦市場で、一番人気のだし巻きの名店が「三木鶏卵」。著書『京の食べもの歳時記』(中央公論社)の錦市場の紹介のなかで、「だし巻きやらきんし卵の三木鶏卵もよその方にはめずらしいのやないかしらん」と記述しています。

三木鶏卵 大村しげの愛した味店主の三木真也さんは、当時、大村しげさんの取材の対応もしていて、取材後に喫茶店で一緒に一服するなどしていたそう。いつも大勢で取材に訪れたことや、当時にしては珍しく、数多くの料理を食べていた食通だったことが印象に残っているといいます。

三木鶏卵は昭和3年に創業。鮮度の高い上質な卵を取り揃えていて、看板商品のだし巻きは京都の人々に愛されてきた名品です。関東では砂糖の入った甘いだし巻きが主流なのに対し、関西のものは甘い味付けにしていません。三木鶏卵のだし巻きは、まさに関西流の代表格といえます。

三木鶏卵 大村しげの愛した味三木鶏卵の店頭にはもちろん卵も各種取り揃えられています。

三木鶏卵 大村しげの愛した味こちらが定番のだし巻き(大サイズ)。

だし巻きを一口食べると、豊かな風味が広がり、だしへの並々ならぬ情熱がすぐにわかるはずです。だしは、創業以来、利尻昆布とかつお節をベースに、薄口しょうゆなどを用いた秘伝のレシピで仕上げられています。肝心の卵は、鹿児島や滋賀を中心にした西日本産の新鮮なものを選りすぐって使用。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年9月号 8月1日(水)発売!

「音楽」を愛す

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading