連載

京都で約500年にわたり伝えられた特別なちまき

随筆家 大村しげの記憶を辿って 私だけの京都へ
第6回「川端道喜」

かつて、京都の「おばんざい」を全国に広めたお一人、随筆家の大村しげさんをご存じでしょうか。彼女の生誕100年となる今年、書き残された足跡を訪ねて、生粋の京女が認めた京都の名店や名所をご紹介します。

大村しげ大村しげ
1918年、京都の仕出し屋の娘として生まれる。1950年前後から文筆をはじめ、1964年に秋山十三子さん、平山千鶴さんとともに朝日新聞京都版にて京都の家庭料理や歳時記を紹介する連載「おばんざい」を開始。これをきっかけに、おばんざいが知れ渡り、大村しげさんも広く知られるようになる。以来、雑誌や著書で料理、歴史、工芸など、幅広く京都の文化について、独特の京ことばで書き残した。1990年代に車いす生活となったのを機にバリ島へ移住。1999年、バリ島で逝去。(写真提供/鈴木靖峯さん)

ほめても尽きることがない名物

和菓子店がひしめく京都にあって、特別な存在に位置づけられるのが「川端道喜(かわばたどうき)」です。大村しげさんはこちらのお菓子をこよなく愛していました。もっとも名高い奈良吉野の葛粉を用いたちまきをはじめ、おはぎや菱葩(ひしはなびら)についての記述を残しています。

おはぎとちまきについて「ほめても、ほめても尽きるということがない」(『京・四季の味』講談社)と書き、「なにがいちばん好きかとたずねられたら、わたしは迷わずに菱葩と答える。(中略)道喜の菱葩である」(『美味しいもんばなし』鎌倉書房)とも。

大村しげ の記憶を辿って私だけの京都へ 「川端道喜(かわばたどうき)」水仙ちまき、羊羹ちまきともに5本で1束。京都洛北の笹を使い、ひとつひとつ丁寧に包んでいます。各3900円(税込み)。川端道喜での購入はすべて要予約で、端午の節句の時期のちまきはひと月前には予約が必要です。※1月と8月はちまきの販売がありません。

御所の道喜門の名前の由来は?

ここで川端道喜がなぜ特別なのかを説明しましょう。1512年、室町幕府認可の特権を得ていた商工団体「座」のなかで、餅座の権利を取得し餅屋を創業した渡邊進四郎左衛門という人物がいました。その娘婿である中村五郎左衛門(のちに渡邊彌七郎を名乗る)が、1572年に仏道に入り初代の道喜を名乗ります。その初代が餅屋を生業としていた時代に、禁中(宮中)に献上される奈良・吉野の葛を用いての御用を受けて生み出したのが現代まで継承されているちまきです。

以降、道喜はちまきをはじめ歳時祝事の宮中公事品のほか、毎日の供御(各種の食事)を御所へ献上していました。また、毎朝献上する「御朝物」は、東京遷都による明治天皇東行の前日まで納められていたのです。代々の道喜が献上の際に毎日通った専用の門は、今も京都御所に「道喜門」の名で残されています。

こうした歴史からも川端道喜が、一般的なお菓子屋とは異なる特別な存在であることがお分かりいただけたでしょう。

大村しげ の記憶を辿って私だけの京都へ 「川端道喜(かわばたどうき)」(左から)水仙ちまき、羊羹ちまき。川端道喜の伝統は現在、第17代に継承されています。

「忘れんように供えてや」と書き残した品のこと

ちまきには、水仙ちまきと羊羹ちまきの2種類があります。前者は葛と砂糖のみ、後者はそれに餡を練り込んだシンプルなもの。それだけに素材の良さが際立ちます。上品な甘さと軽い食感、心地よい舌触りは、代々高貴な方々に愛されてきたのも納得です。

大村しげさんは『美味しいもんばなし』のなかで「わたしが死んだら、なんにもせいでええけれども、道喜さんのちまきと、麩嘉さんの笹巻だけは、忘れんように供えてや」と記述しています。想像もつかないほど長い時間を経てもなお、継承されてきたちまき。これほどロマンを感じさせるお菓子は、ほかには見つかりません。

Information

川端道喜(かわばたどうき)

京都府京都市左京区下鴨南野々神町2‐12

TEL 075‐781‐8117
営業時間 9時30分~17時30分
定休日 水曜、8月の1か月間 
  • ※1月と8月は、ちまきの販売がありません  購入は要予約。

川田剛史/Tsuyoshi Kawata

フリーライター

京都生まれ、京都育ち。ファッション誌編集部勤務を経てフリーライターとなり、主にファッション、ライフスタイル分野で執筆を行なう。近年は自身の故郷の文化、習慣を調べるなか、大村しげさんの記述にある名店・名所の現状調査、当時の関係者への聞き取りを始める。2年超の調査を経て、2018年2月に大村しげさんの功績の再評価を目的にしたホームページをスタートした。
http://oomurashige.com/

取材・文/川田剛史 撮影/中村光明(トライアウト)

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年11月号 10月1日(月)発売!

京都・奈良 錦秋の二都物語

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading