レシピ

甘みとホクホク食感のれんこんを、ジューシーな肉でボリュームアップ

れんこんソーセージのグリル

撮影:日置武晴

やさしい風味の冬野菜・れんこんを、たっぷりジューシーな肉でボリュームアップしたレシピをご紹介しましょう。れんこんの穴に詰め物をつめ、衣でコーティングして、オリーブ油でカリッと香ばしく焼きあげます。衣のポイントは、チーズ入りから煎りパン粉。パルミジャーノチーズ、にんにくを混ぜた、ひと手間掛けたパン粉です。
れんこんの甘みとホクホクの食感、詰め物の旨みがぎっしり詰まった一品は、マスタードを添えてどうぞ。『人気シェフのたっぷり野菜レシピ帖』より、人気のイタリアン「パッソ・ア・パッソ」有馬シェフのレシピです。

「れんこんをゆっくり下ゆでして、甘みを引き出すと同時に、塩分をしみ込ませます。焼く際のオリーブ油は、多めに。揚げ焼きのイメージでがっつりと!」(有馬シェフ)。

【材料 2~3人分】
・れんこん 小2節(300g)

■詰め物
・ひき肉(豚、牛など好みで) 150g

・玉ねぎ(みじん切り) 1/6個分(33g)

・にんにく(みじん切り) 少々

・みそ(しょうゆでも可) 大さじ1

・こしょう、ナツメグ 各少々

・卵黄 1個

■衣
・小麦粉、卵白、オリーブ油 各適量

・マスタード 適宜

・パルミジャーノチーズ(粉末)、塩 適量

■チーズ入りから煎りパン粉(作りやすい分量)
・パン粉(細かいもの) 3カップ

・パルミジャーノチーズ(すりおろす) 大さじ2/3

・にんにく(すりおろす) 小さじ1/4

家庭画報 最新号

家庭画報表紙

2018年1月号 12月1日(金)発売!

お正月を寿ぐ、小澤征爾、宇野昌磨、高麗屋三代襲名、将棋の魅力ほか

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading