レシピ

りんごが愛らしいフルーツの宝箱に! 宮澤奈々さん直伝のカッティングテクニック

宮澤奈々 素敵なおもてなしのプレゼンテーション 第3回(全3回) 東西に長い日本列島に住んでいる私たちは、四季折々、さまざまなフルーツを身近なものとして楽しめます。おなじみのフルーツも、切り方ひとつで目にも楽しく華やかなひと皿に。食卓にパッと花が咲くようなフルーツカッティングのテクニックを宮澤奈々さんに教えていただきます。前回の記事はこちら>>

人気のフルーツにも楽しいアレンジを

人気のフルーツにも楽しいアレンジを
宮澤奈々(みやざわ・なな)
料理研究家。家庭でも再現しやすい、アイディア満載のスタイリッシュなおもてなし料理が大人気。料理と器のスタイリングやテーブルコーディネートの提案、器の監修も手がける。このたび本誌での2年間の連載をまとめた『素敵なおもてなしのプレゼンテーション』を上梓。

カッティングのやり方を動画でもチェック!>>

ギザギザりんごのユニークなボックス
「りんごの宝箱」

人気のフルーツにも楽しいアレンジを
りんごは側面から水平にナイフをギザギザに入れて切り離し、くりぬき器で芯を取り除いてから果肉をくりぬく。りんごの器に、くりぬいた果肉と、「ぶどうのビジュー」(こちらの記事参照)をバランスよく盛り込む。りんごの赤と白のコントラスト、みずみずしく光るぶどうの組み合わせが美しい。

BENTOスタイルに盛りつけた
「いちごのディップ」

人気のフルーツにも楽しいアレンジを
さまざまに飾り切りをしたいちごをシトロンケース(こちらの記事参照)に入れたコンデンスミルクにつけていただきます。いちごは「ぶどうのビジュー」(こちらの記事参照)と同様に「翼」、「羽根」、「花」を作る。

ほか、いちごのへたをV字に切り離し、断面がハート形になるよう縦半分に切った「ハート」(下写真)も簡単で愛らしい。シトロンケースに合うサイズの器が無い場合は、切り落としたライムの上部をくりぬいた側の底に詰めて容器にし、そこにコンデンスミルクを注いでもよい。

信玄弁当箱/家庭画報ショッピングサロン(商品の詳細はこちら>>
人気のフルーツにも楽しいアレンジを

〔特集〕宮澤奈々 素敵なおもてなしのプレゼンテーション(全3回)

01 おもてなしのフルーツカッティング

02 フルーツの“ブローチ”をまとったウェルカムカクテル

03 人気のフルーツにも楽しいアレンジを


『家庭画報』の人気連載が一冊の本になりました!

素敵なおもてなしのプレゼンテーション

素敵なおもてなしのプレゼンテーション
“魅せる”レシピ、盛りつけ、切り方、ラッピングのすべて

四季折々のおもてなし料理レシピ&アレンジ例、盛りつけのヒント、テーブルセッティングのアイディアなど、“記憶に残るおもてなし”を叶えるプレゼンテーション術をたっぷりご紹介。さらに、書籍のみのスペシャルコンテンツとして、おなじみのフルーツが切り方の工夫でおもてなしの一品になる「フルーツカッティング術」、持ち寄りパーティや差し入れのための「ラッピングの演出術」、SNS映えする「“魅せる”写真のための演出術」、お洒落なテーブルコーディネートに欠かせない「テーブルナプキンの折り方」(QRコードによる動画解説付き)を収録しています。
●B5判 ●定価:本体2,200円+税ISBN 978-4-418-20314-7

Amazon.co.jpで購入する

宮澤奈々(著)


この特集の掲載号
『家庭画報』2020年10月号

「通常サイズ版」をAmazon.co.jpで購入する>>

「プレミアムライト版」をAmazon.co.jpで購入する>>

撮影/角田 進 レシピ原稿/柴田 泉

『家庭画報』2020年10月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年12月号 10月30日発売

美味の「お取り寄せ」を極める

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading