レシピ

旬のフルーツが華麗に変身! 宮澤奈々さんに習うおもてなしのフルーツカッティング

宮澤奈々 素敵なおもてなしのプレゼンテーション 第1回(全3回) 東西に長い日本列島に住んでいる私たちは、四季折々、さまざまなフルーツを身近なものとして楽しめます。おなじみのフルーツも、切り方ひとつで目にも楽しく華やかなひと皿に。食卓にパッと花が咲くようなフルーツカッティングのテクニックを宮澤奈々さんに教えていただきます。

旬のフルーツが華麗に変身
おもてなしのフルーツカッティング

宮澤奈々
宮澤奈々(みやざわ・なな)
料理研究家。家庭でも再現しやすい、アイディア満載のスタイリッシュなおもてなし料理が大人気。料理と器のスタイリングやテーブルコーディネートの提案、器の監修も手がける。このたび本誌での2年間の連載をまとめた『素敵なおもてなしのプレゼンテーション』を上梓。

おもてなしのフルーツカッティング
いちじく、柿、メロンをパーティ仕様に。ライムやレモンの実をくりぬいて作った「シトロンケース」にはキャンドルを差し込んでフラワーアレンジメントのセンターに置いても素敵。

カッティングの工夫でフルーツを脇役から主役に

「フルーツカッティングと聞くと、複雑で難しいように感じますが、一つの切り方をマスターすれば、さまざまな応用ができます」と話すのは、季節のフルーツを見事に美しく変身させた宮澤奈々さん。たとえばナイフを水平にぐるりとV字に入れて作った「いちじくの花」は今特集でご紹介した、ぶどうやりんご、いちごはもちろん、梨やキウィフルーツ、みかんなど丸みのあるフルーツなら何でも応用可能。「同じ切り方でもまったく違った印象になるのが楽しいですね。カッティングすることで見た目が華やかになるだけでなく、食べやすくなることも、おもてなし向きだと思います」。

おもてなしのフルーツカッティング
フルーツカットに用いる3つの道具
左から、皮を細くむくことができる「レモンピーラー」、果肉を丸くくりぬく「くりぬき器」、手になじむ大きさの「ペティナイフ」。

カッティングのやり方を動画でもチェック!>>

スライスした柿を射込んで
バラの花咲く柿ケース

バラの花咲く柿ケース
【作り方】
【1】柿を上下からそれぞれ水平に切り落とす。皮の内側に7~8ミリほどの厚さの果肉を残して、ぐるりと深い切り目を上下から入れる。
バラの花咲く柿ケース

【2】(1)で入れた切り目に沿って果肉を取り出す。(1)で切り落とした底の部分を、写真のように中に詰めて、器とする。
バラの花咲く柿ケース

【3】切り出した果肉をスライスする。
バラの花咲く柿ケース

【4】(2)の器に(3)のスライスを外側からバラの花びらのように並べて盛りつける。ざくろとミントを飾る。
バラの花咲く柿ケース

香り高き柑橘のキャンドル
シトロンケース

シトロンケース
【作り方】
【1】レモンピーラーを使い、レモンの皮に縦の筋目を入れる。
シトロンケース

【2】レモンの上下を切り落とす。皮と果肉の間にぐるりと一周、上下からナイフを入れる。果肉を取り出す。ケースにキャンドルを入れる。
シトロンケース

白とピンクの美しいツートーン
いちじくの花

いちじくの花
【作り方・奥】
いちじくを縦半分に切り、断面を下にして置く。へた近くを残し、縦に3~4ミリ幅に切る。果肉を軽くずらす。箸に巻いてくるんとさせたレモンピールを飾る。
いちじくの花

【作り方・手前】
いちじくのへたから1/3の場所に側面からV字にぐるりとナイフを入れ、上下を離す。
いちじくの花

リボンをかけて、手土産にも
メロンバスケット

メロンバスケット
【作り方】
【1】メロンの持ち手の位置にテープを貼り、目印とする。メロンの下から1/3ほどの山形カットの谷にあたる部分に楊枝を刺し、これを目印にナイフを入れてゆく。
メロンバスケット

【2】持ち手(テープを貼った箇所)の際にナイフを入れ、切り離す。
メロンバスケット

【3】持ち手の内側の果肉を切り離す。
メロンバスケット

【4】(2)、(3)で切り離した果肉を丸くくりぬき、盛りつける。ぶどうの花、紙ふうせん(次項のぶどう参照)も一緒に盛る。
メロンバスケット

多彩にカットした宝石仕立て
ぶどうのビジュー

ぶどうのビジュー
紙ふうせん
ぶどうの皮に、縦方向の切り目を入れる。切り目の間の皮を、交互にむく。
ぶどうのビジュー


ぶどうの横1/2のところにナイフを入れ、V字を描きながら一周切り込んでゆく。2つに離す。
ぶどうのビジュー

ダミエ
ぶどうの皮に、縦方向の切り目と、横方向の切り目を入れる。市松に皮をむく。
ぶどうのビジュー


ぶどうの先端をV字に切り、少しずつ幅の広いV字をさらに切る。切り口を軽くずらす。
ぶどうのビジュー

〔特集〕宮澤奈々 素敵なおもてなしのプレゼンテーション(全3回)

01 おもてなしのフルーツカッティング


『家庭画報』の人気連載が一冊の本になりました!

素敵なおもてなしのプレゼンテーション

素敵なおもてなしのプレゼンテーション
“魅せる”レシピ、盛りつけ、切り方、ラッピングのすべて

四季折々のおもてなし料理レシピ&アレンジ例、盛りつけのヒント、テーブルセッティングのアイディアなど、“記憶に残るおもてなし”を叶えるプレゼンテーション術をたっぷりご紹介。さらに、書籍のみのスペシャルコンテンツとして、おなじみのフルーツが切り方の工夫でおもてなしの一品になる「フルーツカッティング術」、持ち寄りパーティや差し入れのための「ラッピングの演出術」、SNS映えする「“魅せる”写真のための演出術」、お洒落なテーブルコーディネートに欠かせない「テーブルナプキンの折り方」(QRコードによる動画解説付き)を収録しています。
●B5判 ●定価:本体2,200円+税ISBN 978-4-418-20314-7

Amazon.co.jpで購入する

宮澤奈々(著)


この特集の掲載号
『家庭画報』2020年10月号

「通常サイズ版」をAmazon.co.jpで購入する>>

「プレミアムライト版」をAmazon.co.jpで購入する>>

撮影/角田 進 レシピ原稿/柴田 泉

『家庭画報』2020年10月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年12月号 10月30日発売

美味の「お取り寄せ」を極める

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading