レシピ

バニラの香りと塩の食感がアクセントに。おやつにもおすすめのミニトマトの簡単レシピ

家庭画報のレジェンド・レシピ 爽やかな「ご馳走サラダ」第7回(全19回)1958年3月号の創刊以来、家族と囲む食卓がより楽しく満ち足りたものになってほしいという思いから、『家庭画報』は膨大な数のレシピをご紹介してきました。今回の「レジェンド・レシピ」は特別編。和・洋・中の各料理界で活躍する本誌ゆかりの料理人が、「今こそおいしい料理で、皆さまに元気を出してもらいたい」という願いを込めて提案するとっておきのサラダのレシピをお届けします。前回の記事はこちら

野菜好きのシンプルサラダ
狐野扶実子さん(料理プロデューサー)

レジェンドレシピ「サラダ」

野菜1種が主役のおつまみサラダ”

手間をかけずにさっと作れたり、前もって準備しておける、野菜1種を主役にしたサラダは、おしゃべりを楽しみながらグラスを傾けるひとときにぴったり。
おつまみとしてはもちろん、献立に一品プラスしたいときにも役立つレシピです。

狐野扶実子さん
狐野扶実子さん
(この・ふみこ)

1997年にパリの名門料理学校「ル・コルドン・ブルー」を首席で卒業後、3つ星レストラン「アルページュ」に入り、スーシェフに就任。2001年より出張料理人として独立。「フォション」のエグゼクティブシェフを経て、現在は、レストランや国際線機内食のメニュー開発に携わるなど、料理プロデューサー・食ジャーナリストとして幅広く活躍している。

※単行本『まいにち、サラダ』(世界文化社刊)より。
※レシピは、単行本に掲載されている材料と作り方を基本としています。

塩の食感がアクセント。午後のおやつにもおすすめ
トマトのバニラ風味

トマトのバニラ風味
【材料(5~6人分)と作り方】
(1)バニラビーンズ5cmは縦半分に切り、ナイフの先などで中身を取り出し、オリーブオイル大さじ1/2とよく混ぜ、一晩おいて香りを十分に移す。

(2)ミニトマト250gは洗った後、表面に残った水気を拭く。

(3)(2)のトマトを器に入れ、(1)を加えてよく混ぜる。

(4)塩(あればフルール・ド・セルなど結晶状のもの)適量をふる。

関連記事

フルーツトマトと白味噌の甘みが好相性! おつまみにもおすすめの簡単サラダ
作り置きしてもおいしい!タイムが香るズッキーニの簡単レシピ
狐野扶実子さんのレシピをもっと読む>>

撮影/本誌・坂本正行 イラスト/金子ともこ 取材・文/鈴木博美

※ご紹介した料理はあくまで家庭で作るために考案したものであり、料理店ではオーダーできません。
※各レストランの営業については、お店に直接お問い合わせください。

『家庭画報』2020年9月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading