レシピ

7月6日はサラダ記念日。ひと味きかせて「いいね」間違いなしのサラダレシピ

「『この味がいいね』と君が言ったから七月六日はサラダ記念日」(俵万智『サラダ記念日』河出書房新社より)

俵万智さんによる大ベストセラー歌集『サラダ記念日』。その表題にもなっている歌にちなんで、今日はいつもよりちょっと特別なサラダを作ってみませんか? 野菜+αで、おなかも心も大満足のレシピを集めました。


香ばしいいわしとハーブ類のエスニック風サラダ

『和えるおかず』坂田阿希子(著)
複雑で爽やかなハーブの香りと、香ばしいいわしの風味がぴったり。ナンプラーや赤唐辛子で、エスニック料理風に仕上げます。続きはこちら>>


夏は冷やして。乾いたバゲットをおいしく食べるサラダ

『VEGETABLE』真中陽宙(著)
野菜のエキスで乾いたパンをおいしく食べる、イタリア・トスカーナの伝統的な家庭料理「パンツァネッラ」のレシピです。続きはこちら>>


にんじんと糸寒天のマリネで彩りも鮮やかなサラダ

『やせぐせがつく 野菜の常備菜』庄司いずみ(著)
寒天には食物繊維がいっぱい。彩りも鮮やかなデリおかず風のサラダは、おなかの中からスッキリしたい人向けの一品です。続きはこちら>>


おつまみやおもてなしの前菜に。帆立水煮缶を使ったサラダ

『築地「魚河岸三代目 千秋」店主・小川貢一の おさかな食堂』小川貢一(著)
ツナではなく帆立を使うことで、少しリッチな味わいに。缶詰を常備しておけば一年中作れ、幅広いシーンで活躍します。続きはこちら>>


ゆで卵とリボン状のにんじんで作る色鮮やかなサラダ

『ぜんぶ卵レシピ』重信初江(著)
卵とにんじんが元気な色合いのサラダは、お酢を効かせたさっぱり味。ささっと簡単に作れて、朝食にもぴったりです。続きはこちら>>


ショートパスタ入りで味もボリュームも大満足のポテトサラダ

『VEGETABLE』真中陽宙(著)
パスタが入っているのでボリュームたっぷり。これだけで満足できそうな一品です。東京・恵比寿の人気イタリアン「アガペ カーザ マナカ」の真中照男シェフに教えてもらいました。続きはこちら>>


『サラダ記念日』の生みの親。歌人・俵万智さんが語る詩歌の魅力とは

ごちそうサラダのレシピ、いかがでしたでしょうか? 最後に『サラダ記念日』を生み出した俵万智さんのインタビューをご紹介します。“短歌は心が揺れるときに生まれるもの”というのは俵さんの言葉。詩歌の魅力や創作の原点について語っていただきました。続きはこちら>>

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年9月号 7月31日発売

九州を愛す

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading