レシピ

簡単&便利なトマトソースを応用! なすとトマト、チーズのコンビが絶妙なオーブン焼きのレシピ

家庭画報のレジェンド・レシピ 「感動パスタ」をわが家で 第8回(全24回) 創刊号から最新号まで、『家庭画報』に掲載された膨大な数の料理レシピの中から、今、改めてお伝えしたいものを編集部が厳選してお届けする「レジェンド・レシピ」。今回は本誌ゆかりのイタリア料理のシェフたちが、ご家庭での「パスタ」をワンランクアップする技やアイディアを伝授。いつもとはひと味もふた味も違う、"感動の味"をお試しください。前回の記事はこちら

kg2007g_レジェンドレシピ

名シェフの秘密のひと技
ベーシックパスタ、特別レッスン

誰もが大好きなパスタ料理。レジェンドシェフに教えていただくのは、ホールトマトで作る「シチリア風トマトソース」を応用した「カーサレッチのなすとモッツァレッラ入りオーブン焼き」。カーサレッチとは、断面がS字形をしているショートパスタのこと。なす、チーズ、トマトのコンビネーションが絶妙です。

石川 勉さん
石川 勉さん
(いしかわ・つとむ)

1980年代にシチリアを中心にイタリア各地で修業。帰国後、シチリア料理に特化した店を開き、伝道師としてその魅力を幅広く伝え続けている。
トラットリア ドンチッチョの極旨シチリア料理』(小社刊)も好評発売中。

トラットリア シチリアーナ・ドンチッチョ
東京都渋谷区渋谷2-3-6 SGSSSビル1階
電話 03(3498)1828

※2009年6月号「わが家で『感動パスタ』を」より。

なす、チーズ、トマトの絶妙コンビ

カーサレッチのなすとモッツァレッラ入りオーブン焼き

カーサレッチのなすとモッツァレッラ入りオーブン焼き

【材料・4人分】

・カーサレッチ(断面がS字形のショートパスタ) 360g
・米なす(厚さ1cmの輪切り) 2枚
・EVオリーブオイル 適量
・にんにく(つぶす) 1かけ
・赤唐辛子 1かけ
・パンチェッタ(棒切り) 30g
シチリア風トマトソース 100cc
・黒オリーブ(種を抜く) 6個
・パルミジャーノ・レッジャーノ(すりおろし) 30g
・モッツァレッラチーズ(1cm角に切る) 10個
・ドライオレガノ 少量
・塩・黒こしょう 各適量
・揚げ油・バター 各適量

【作り方】

(1)米なすは格子状に切り目を入れ、200度の油で揚げる。

(2)鍋にたっぷりの水と水の量に対して1%の塩(分量外)を加えて沸かし、軽く芯が残る程度にカーサレッチをゆでる。

(3)別鍋にEVオリーブオイルを入れ、にんにく、赤唐辛子、パンチェッタを加えて充分に炒め、トマトソース、(1)の揚げなす、黒オリーブ、カーサレッチのゆで汁大さじ2を入れて、2分ほど煮る。

(4)カーサレッチがゆで上がったら水気をきって3の鍋に加え、塩・黒こしょう、半量のパルミジャーノ・レッジャーノをからめる。

(5)耐熱用の器の内側にバターを塗り、(4)を入れ、上にモッツァレッラチーズと残りのパルミジャーノ・レッジャーノ、ドライオレガノをふり、220度のオーブンで約10分焼く。

●パスタのレシピをもっと読む>>

撮影/日置武晴 イラスト/金子ともこ
レジェンド・レシピ編 文/露木朋子

※レシピは、掲載時の材料と作り方を基本としています。
※ご紹介した料理はあくまで家庭で作るために考案したものであり、料理店ではオーダーできません。
※各レストランの営業については、お店に直接お問い合わせください。

『家庭画報』2020年7月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年8月号 7月1日発売

創刊750号記念

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading