レシピ

ボンゴレにねぎを合わせて香りと食感をプラス! レジェンドシェフの黄金レシピ

家庭画報のレジェンド・レシピ 「感動パスタ」をわが家で 第3回(全24回) 創刊号から最新号まで、『家庭画報』に掲載された膨大な数の料理レシピの中から、今、改めてお伝えしたいものを編集部が厳選してお届けする「レジェンド・レシピ」。今回は本誌ゆかりのイタリア料理のシェフたちが、ご家庭での「パスタ」をワンランクアップする技やアイディアを伝授。いつもとはひと味もふた味も違う、"感動の味"をお試しください。前回の記事はこちら

kg2007g_レジェンドレシピ

名シェフの秘密のひと技
ベーシックパスタ、特別レッスン

誰もが大好きなパスタ料理。レジェンドシェフに教えていただくのは、にんにくの風味をきかせた基本のオイルソース「アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ」を応用した「スパゲッティ・ボンゴレ」。失敗知らずの黄金レシピをマスターすれば、パスタ名人への道が開けます。
ねぎ入りのスパゲッティ・ボンゴレ

ねぎ入りのスパゲッティ・ボンゴレ
あさりのだしがきいたシンプルなパスタは、ねぎの代わりに菜の花やグリーンアスパラガスを使っても。

「オイルソースはドレッシング」の発想で
魚介類のパスタを格上げする
――落合 務さん(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ)

アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ」で覚えたにんにくのオイルは、夏の魚介にもぴったりの風味です。

「にんにくはみじん切りや輪切りにしてオイルに加えてもいいのですが、料理によって取り出したいときは、つぶしたほうが使い勝手がいいですね。海老を焼いた汁やあさりのだしが入ったソースは乳化させてドレッシング状にしてからめる。この基本を忘れずにね」と落合シェフ。

グリーンサラダと合わせれば、ちょっとしたレストラン気分も味わえそうなご馳走パスタです。

落合 務さん

落合 務さん
(おちあい・つとむ)

東京イタリアンの先駆者として常に時代をリードするレジェンドシェフ。家庭料理のためのレシピ本も多く、その確かな味わいに不変の人気を誇る。日本イタリア料理協会会長。

ラ・ベットラ・ダ・オチアイ
東京都中央区銀座1-21-2
電話 03(3567)5656

※2009年6月号「わが家で『感動パスタ』を」より。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading