レシピ

宮澤奈々 すてきなおもてなしのプレゼンテーション 2月「手づくりロースハム」

かたまり肉をおしゃれに楽しむ

手作りロースハム
薄切りと厚切り。それぞれの風味と食感を楽しんで〔ハムのブーケ〕
薄切りのハムを花びらに見立てて、ブーケのような盛りつけに。ひだを寄せたハムは楊枝で留めているので、気軽につまんでいただけます。一方で、思う存分厚切りでいただけるのもかたまり肉のハムならでは。ほんのり温めてお出しします。

「手づくりのハムは、保存というよりもお肉をよりおいしくいただくための調理法の1つです」と話す宮澤奈々さん。

香味野菜やスパイスを含む下ごしらえの液に漬けること4日間。でき上がりまで時間はかかりますが、しっとり柔らかな豚肉の食感は、まさしく「時間がもたらす贈り物」です。

「塩分は控えめにしていますので、保存は2〜3日とハムにしては短めですが、その分、お好みのソースを添えたり、料理のアレンジがしやすいと思います」と宮澤さん。

宮澤奈々さん

宮澤奈々さん

また、手づくりハムのもう1つの醍醐味は、かたまり肉であること。薄切り、厚切り、角切り……切り方1つで食感や味わいの違いを楽しめ、さらに盛りつけやプレゼンテーションのアイディアも自在に広がります。

今回は、シックなバーで過ごす、冬の夜をイメージしてコーディネート。
手づくりロースハム

ウィスキーなどのハードリカーはもちろんのこと、濃いめにいれた香り高い紅茶にも寄り添う、とっておきのおつまみにも優しい味のハムは大活躍します。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年4月号 2月29日発売

名店の「昼膳」

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading