レシピ

大晦日はみんなで囲みたい。贅沢な魚介と野菜の具だくさん鍋

寄せ鍋

『野﨑洋光 春夏秋冬の献立帳 「分とく山」の永久保存レシピ』野﨑洋光・幕内秀夫(著)

家庭画報.comをご愛読いただいている皆様、この一年、お疲れさまでした。
大晦日の今日は、お蕎麦もいいですが、よりにぎやかに年越しを。寄せ鍋はいかがでしょう。家族や友人など皆で囲みたい、ちょっぴり贅沢な魚介と野菜の具だくさん鍋です。

はまぐりや金目鯛、海老などの魚介は火が入りすぎるとおいしくないので、できるだけ煮えたらすぐに(煮えばなで)食べてくださいね。『野﨑洋光 春夏秋冬の献立帳』より。

長らく続いた本コラム「Cookbook_Everyday」は本日で最後になりますが、家庭画報.comはこれからもより良いコンテンツを皆さまに発信していきたいと思いますので、来年もごひいきのほど、どうぞよろしくお願いいたします。

【材料 2人分】
・金目鯛(30gの切り身) 6切れ

・はまぐり(殻つき、砂抜きしたもの) 4個

・海老 4尾

・白菜 1枚

・しいたけ 2個

・長ねぎ 1本

・春菊 4株

・豆腐 1/2丁

・しらたき 1/2袋(150g)

・塩 適量

・煮汁 [水 1リットル/薄口醤油 70cc/みりん 35cc/昆布(10×10cm角) 1枚]

【作り方】
1:金目鯛は両面に塩をふり、30分おく。熱湯に入れて表面がうっすら白くなったら冷水にとり、汚れを落とし、水気を拭き取る。

2:はまぐりは水の中で殻ごとこすり洗いし、水に3分ほど浸し、ざるに上げる。海老は竹串で背わたを取る。

3:白菜は5cm四方に切り、しいたけは軸を取る。長ねぎは5cm長さに切り、表面に斜めに4~5本の切り目を入れる。春菊は食べやすい大きさに切る。豆腐は4等分に切る。しらたきは15cm長さに切って水適量(分量外)から火にかけ、沸騰したらさらに2分ゆでてざるに上げる。

4:鍋に煮汁の材料を入れ、1、2のはまぐり、3のしいたけ、春菊、豆腐を入れて火にかけ、ひと煮立ちさせる。さらに残りの具材を入れ、火が通ったら食べる。

家庭料理の基本は栄養バランスのよい献立。でも「献立が立てられない」という悩みを持つかたが多いのも事実。その悩みに応えるべく、人気料理人・野﨑洋光さんが季節の食材を生かした49の献立をご紹介します。春夏秋冬の単品料理も合わせて計266レシピ掲載する、季節の家庭料理決定版です。段取りのタイムスケジュール表や、「作りおきできる」マーク、作り方のポイントに黄マーカーを引くなど、作りやすい工夫も満載です。
『野﨑洋光 春夏秋冬の献立帳 「分とく山」の永久保存レシピ』野﨑洋光・幕内秀夫(著)

野﨑洋光・幕内秀夫(著)
定価:本体1,800円+税

撮影/髙橋栄一、南雲保夫、三木麻奈、湯淺哲夫

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年2月号 12月28日発売

別冊付録「開運・招福術」つき

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading