レシピ

ケチャップだれに漬けておくだけ。深い味わいの牛肉ソテー

Cookbook_Everyday_30 October

これまで、人気料理研究家ワタナベマキさんの『漬けるおかず』より、ぬか床やみそ床、塩やヨーグルトだれに漬けるレシピをご紹介してきましたが、本日はケチャップだれ。赤ワインを加えたこのたれは、漬け込む素材に奥行きのある風味を加えます。漬け込んでさえおけば調理の際に味つけは必要なく、焼くだけでOKなのもうれしいところ。
本日ご紹介する牛肉のケチャップ漬けは、漬けてから2~3日目が食べごろで、最大5日間ほど保存ができます。焼くときはたれごとフライパンに入れましょう。煮込んだようなコクがあるのにさわやかな酸味で、飽きのこない味に仕上がりますよ。

牛肉のケチャップ漬けソテー 撮影:新居明子

【材料 2人分】
・牛こま切れ肉 300g

・オリーブ油 小さじ1

・粗びき黒こしょう 少量

■ケチャップだれ(作りやすい分量)
・ケチャップ 大さじ3

・ウスターソース、赤ワイン 各大さじ2

・塩 小さじ1/2

【作り方】
1:ケチャップだれを作る。材料をすべて混ぜ合わせる。

2:1に牛肉を入れて、よくもみ込む。食材にぴったりとラップを貼りつけて冷蔵庫で漬ける。

3:フライパンを中火で熱し、オリーブ油を入れ2をたれごと入れて、ほぐしながら焼き目がつくまで焼く。

4:器に盛ってこしょうをふる。

人気料理研究家のワタナベマキさんが提案する「漬けるおかず」。時間のあるときに食材を「たれ」や「漬け床」に漬けておけば、食べたいときに焼くだけ・煮るだけ・切るだけで絶品おかずが完成!

味つけいらずで、すぐ絶品。漬けるおかず(世界文化社)
ワタナベマキ(著)
定価:本体1,300円+税

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年1月号 11月30日(土)発売

新春特別付録つき!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading