レシピ

ほどよい辛さで元気が出ます。あさりのスンドゥブチゲ

あさりのスンドゥブチゲ

『ぜんぶ 小鍋』大庭英子(著)

冬といえば朝鮮半島の名産であるキムチの季節。白菜などの野菜に塩や粉唐辛子、にんにく、生姜、アミの塩辛などなどを馴染ませた保存食です。本日11月22日は韓国キムチ協会によって『キムチの日』に制定されているそうですから、キムチを使ったレシピをご紹介しましょう。「あさりのスンドゥブチゲ」です。

スンドゥブチゲは韓国では定番の豆腐鍋。料理研究家・大庭英子さんによる本レシピでは、鍋にあさり、鶏がらスープの素、豆腐、長ねぎ、キムチを入れて煮たら、せりを散らし、ごま油をたらせばできあがりです。ほどよい辛さで元気が出ますよ。大庭さんの著書『ぜんぶ小鍋』より。

【材料 1人分】
・あさり(殻付き・砂抜きしたもの) 150g

・絹ごし豆腐 1/2丁(150g)

・水 2カップ

・鶏がらスープの素(顆粒) 小さじ1/2

・A [酒 大さじ1/しょうゆ 小さじ1/塩 小さじ1/4]

・長ねぎ(1cm厚さの斜め切り) 8cm分

・白菜のキムチ(2~3cm幅に切る) 80g

・せり(3cm長さに切る) 30g

・ごま油 小さじ1

【作り方】
1:鍋にあさり、水、鶏がらスープの素を入れて中火にかける。煮立ってきたら火を弱め、ふたをしてあさりの殻が開くまで煮て、Aで調味する。

2:鍋の中心に豆腐を入れて、まわりに長ねぎ、キムチを散らし入れ、中火で3~4分煮る。

3:せりを散らし、ごま油をたらす。

具を切って煮るだけの鍋料理は、とっても簡単。肉や魚にたっぷり野菜を組み合わせれば栄養バランスがよく、おかずと汁ものが合体しているから晩ごはんはこの1品でOKです。本書ではとくに、少ない食材で作る1~2人分レシピを中心に48品の小鍋をご紹介。味つけも和・洋・中・エスニックとバリエーション豊かで、毎日作っても飽きません。新書サイズなのでかばんにすっぽり入って、電車の中で開きやすいのも特徴です。
『ぜんぶ 小鍋』大庭英子(著)

ぜんぶ 小鍋(世界文化社)
大庭英子(著)
定価:本体1,100円+税

撮影/伏見早織

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年1月号 11月30日(土)発売

新春特別付録つき!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading