レシピ

ねぎ油をジュッとかけて。シャキシャキ食感の大根の和えもの

大根の和えもの

『「Wakiya一笑美茶樓」脇屋友詞のおいしい理由。中華のきほん、完全レシピ』脇屋友詞(著)

暦の上では立冬。冬野菜といえばやはり大根ですが、そのみずみずしさと食感をシンプルに生かした、中華料理の和えものレシピをお届けしましょう。

今回はふつうの青首大根と紅芯大根を両方用います。紅芯大根は、皮は黄緑がかった白色ですが、中は美しい紅色。青首よりもみずみずしくて甘みがあるので、中国では冬の大切な水分補給源としてフルーツ代わりにいただくそう。細切りにしたものに熱々のねぎ油をジャッとかけて混ぜ、軽く火を入れることで、いっそうシャキッとした歯ごたえにしつつ、みずみずしさを保ちます。

ただし時間をおくと大根からどんどん水分が出てしまうので、食べる直前に和えることがポイント。赤と白のコントラストが美しい箸休めです。『「Wakiya一笑美茶樓」脇屋友詞のおいしい理由。 中華のきほん、完全レシピ』より。

【材料 2人分】
・大根 150g

・紅芯大根 50g

・塩 適量

ねぎ油 大さじ2

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年12月号 11月1日(金)発売

招く日の華麗なるインテリア

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading