レシピ

熱々がうれしい。藤井 恵さんのスパイシーなキムチ鍋

キムチの落とし卵鍋

『簡単! おいしい! 藤井 恵のひとり分ごはん』藤井 恵(著)

寒い日には、人気料理研究家・藤井 恵さんの「キムチの落とし卵鍋」がオススメ。簡単につくれるうえ、熱々でスパイシーな鍋が体を芯から温めてくれます。

ごま油を熱した鍋で白菜キムチをさっと炒めて、煮干しだし(または水)を入れてコチュジャンとみそをよく溶かし、トッポギとえのきだけを加えて煮ればOK。トッポギ(米が原料の韓国のもち)は加熱してものびないので、煮込み料理などでは扱いやすい素材です。

最後に具をよけて中央を少しあけて、卵を割り落とせばできあがり。半熟卵の黄身を崩して具材にからめれば、コクとまろやかさがアップしますよ。コチュジャンの赤と卵の白と黄、仕上げに乗せたニラの緑という色のコントラストも美しい鍋です。『簡単! おいしい! 藤井 恵のひとり分ごはん』より。

【材料 1人分】
・白菜キムチ(市販品) 150g

・えのきだけ 1/2袋(50g)

・ニラ 1/4束

・ごま油 大さじ1/2

・A [煮干しだし(下記参照)または水 1カップ/コチュジャン、みそ 各小さじ1]

・トッポギ 100g

・卵 1個

■煮干しだし(作りやすい分量)
・煮干し 10g

・水 2カップ

※このレシピでは直径14cmの1人用鋳物鍋を使っています。

【作り方】
1:煮干しだしを取る。煮干しは頭と腹ワタを除いて水に10分ほど浸す。中火にかけ、煮立ったらアクを除いて弱火で5分煮て火を止め、こす。

2:白菜キムチはざく切りにする。えのきだけは長さを2~3等分に切る。ニラは小口切りにする。

3:鍋にごま油を入れて弱めの中火で熱し、白菜キムチを入れてさっと炒め、Aを加えてコチュジャンとみそをよく溶かす。えのきだけ、トッポギを加えて中火で3~4分煮る。

4:卵を割り入れ、フタをして1分ほど煮て、仕上げにニラを加える。

ストウブやル・クルーゼの小さな鋳物鍋を使った「ひとりごはん」のレシピ集『簡単!おいしい!藤井 恵のひとり分ごはん』では、蒸し煮、蒸し焼き、スープ、パスタ、卵料理、鍋、炊き込みごはんまで、バリエーション豊富な65品を収録しています。

『簡単! おいしい! 藤井 恵のひとり分ごはん』藤井 恵(著)

藤井 恵(著)
定価:本体1,400円+税

撮影/木村 拓

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年1月号 11月30日(土)発売

新春特別付録つき!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading