レシピ

鮭とホワイトソースは大の仲良し。きのこと野菜でグラタンに

鮭グラタン

『築地「魚河岸三代目 千秋」店主・小川貢一の おさかな食堂』小川貢一(著)

鮭は、実は白身魚なんですよね。ご存じでした? 身の色が赤いのは、餌となるオキアミなどのプランクトンの赤い色素が移ったからだそうです。

そんな鮭は、ホワイトソースと大の仲良し。本日は、築地「魚河岸三代目 千秋」小川貢一さんによる「鮭のグラタン」をご紹介しましょう。鮭と玉ねぎ、きのこ類を炒めたところに市販のホワイトソースを加えてグラタン皿に入れ、オーブントースターで焼けばできあがり。仕上げに刻んだパセリをふって。

野菜やきのこは、冷蔵庫の残り物でOKですよ。『築地「魚河岸三代目 千秋」店主・小川貢一のおさかな食堂』より。

【材料 2人分】
・生鮭 2切れ

・玉ねぎ(スライス) 1/2個

・マッシュルーム(石づきを取る) 2個

・しいたけ(軸を取る) 2個

・まいたけ 1/2袋

・ホワイトソース(市販のもの) 1缶(290g)

・バター 20g

・塩、こしょう 各適量

・小麦粉 大さじ1~2

・サラダ油 大さじ1.5

・ブラックペッパー、粉チーズ、パセリ 各適量

【作り方】
1:鮭に塩、こしょうを軽くふり、ひと口大に切って小麦粉をまぶし、サラダ油をひいたフライパンでこんがりと焼いて取り出す。

2:同じフライパンにバター10gを入れ、玉ねぎを炒めてしんなりしたら、スライスしたマッシュルームとしいたけ、ほぐしたまいたけを加えてさらに炒める。

3:2にホワイトソースを加え、かき混ぜながら炒め、ぐつぐつしてきたらブラックペッパーで味をととのえる。

4:グラタン皿に3を入れ、その上に1の鮭をのせる。粉チーズと残りのバターをのせ、オーブントースターに入れて焦げ目がつくまで焼く。最後に刻んだパセリをふりかける。

築地の魚料理店「魚河岸三代目 千秋」を営む 小川貢一さんの“おさかなレシピ”は、 お洒落で美味しくてヘルシー!と女性に大人気。本書では定番和食はもちろん、フレンチ、イタリアン、スペイン料理まで、切り身やさくを多用した、とびっきりおいしい魚料理を手ほどきします。これ1冊あれば、もう魚料理はこわくない!

『築地「魚河岸三代目 千秋」店主・小川貢一の おさかな食堂』小川貢一(著)

小川貢一(著)
定価:本体1,300円+税

撮影/川上輝明

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年1月号 11月30日(土)発売

新春特別付録つき!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading