レシピ

「マルディ グラ」和知シェフのレシピです。牛肉の赤ワイン煮込み

牛肉の赤ワイン煮込み

『銀座マルディ グラのストウブ・レシピ』和知 徹(著)

温かい煮込み料理がフィットする季節になってまいりました。今日お届けするのはフランスの家庭料理、牛肉の赤ワイン煮込みです。

教えてくださるのは、銀座「マルディ グラ」の和知 徹シェフ。ツヤツヤと鳶色に輝き、とろみのついたレストランの味もいいのですが、こんなふうに、さらっと煮込まれたもののほうが、じつはフランス的なのだそうです。赤ワインは安いものでいいので、たっぷりと使うのがコツです。

難しいように感じるかもしれませんが、実は、鍋を火にかければ時間がおいしくしてくれる、素朴な料理。ぜひ、本場フランスの味をご家庭でどうぞ。『銀座マルディ グラのストウブ・レシピ』より。

【材料 作りやすい分量】
・牛バラ肉(ブロック) 800g

・玉ねぎ 小2個

・にんにく(皮付き) 2片

・マッシュルーム 5個

・トマト(完熟したもの) 1個

・ベーコン 50g

・オリーブの塩水漬け 100g

・ドライプルーン 6個

・タイム(生) 4枝

・赤ワイン 1リットル

・鶏だし(下記参照) 300cc

・サラダ油 大さじ1

・小麦粉、塩、黒胡椒 各適量

■鶏だし(作りやすい分量)

・鶏ガラ 1kg

・玉ねぎ 2個

・にんじん 1/2本

・にんにく 3片

・タイム 1枝

※オリーブの塩水漬けは種付きのまま使う。黒とグリーンをミックスしても、どちらかでも可。
※赤ワインはデイリーなものでよい。なるべく濃い味わいのものを選ぶ。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年11月号 10月1日(火)発売

「赤坂」の魅力をたずねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading