レシピ

さんまの皮が焼き網にくっつかないコツ、知っていますか?

さんまの塩焼き

『必ずおいしく作れる 和のおか』髙井英克・上田淳子・小林まさみ 小林まさる(著)

脂がのって最高においしい。旬のさんまはやっぱりシンプルに塩焼きが一番ですが、「さんまを焼くと、どうしても皮が焼き網にくっついてしまう……」とお悩みではありませんか?

パリッと焼けた皮もおいしさのひとつですから、くっついて破れないよう、上手に焼きたいものですよね。そのコツを教えてくれたのが料理研究家の髙井英克さん。

実は、網にレモンを塗っておくと、クエン酸の作用で皮がくっつかず、すんなりと取り出せるのだそう! この場合、焼き網はあらかじめ熱しておかない方がいいようです。また、身離れをよくするため、焼く前に背側と腹側、中央に縦に切り込みを入れておくこと、焼く直前に塩をしたら、水分とともに旨みが抜けてしまわないよう、時間をおかずにすぐ焼くこと。これで、さらにおいしいさんまの塩焼きが楽しめますね。『必ずおいしく作れる 和のおかず』より。

【材料 2人分】
・さんま 2尾

・塩(粗塩) 適量

・すだち(2等分する) 1個分

・大根おろし、醤油、レモン 各適量

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年11月号 10月1日(火)発売

「赤坂」の魅力をたずねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading