レシピ

帆立にパプリカ、オレンジ酢。変わりダネ酢の物で疲労回復

焼き帆立とパプリカのオレンジ酢

『必ずおいしく作れる 和のおか』髙井英克・上田淳子・小林まさみ 小林まさる(著)

昨日に引き続き、本日も変わりダネの酢の物レシピをお届けしましょう。帆立と相性のよいオレンジ風味の「焼き帆立とパプリカのオレンジ酢」と、梅の酸味が魚介の臭みを抑える「たことブロッコリーの梅酢」です。

この2品も“吸い酢”を使います。吸い酢は、鍋にだし汁、薄口醤油、酢、みりんを入れてひと煮立ちさせ、火を止めて削りがつおを入れて冷ませばできあがり。汁もののように飲み干せるまろやかな味わいなので、お酢の酸味が苦手というかたにもオススメですよ。『必ずおいしく作れる 和のおかず』より髙井英克さんのレシピです。

【材料 2~3人分】
・帆立貝柱(刺身用) 5個

・パプリカ(赤・黄) 各50g

・オレンジ(1cm角に切る) 1/2個分

■吸い酢
・だし汁 300cc

・薄口醤油 大さじ1と2/3

・酢 大さじ1と1/3

・みりん 大さじ1

・削りがつお 2パック(5g)

【作り方】
1:吸い酢を作る。鍋に吸い酢の削りがつお以外の材料を合わせてひと煮立ちさせ、火を止めて削りがつおを広げるように入れる。沈んだらこして冷ます。冷蔵庫で冷やす。

2:吸い酢にオレンジを入れ、味がなじむまで冷やす。

3:焼き網を直火にかける。帆立貝柱の両面をさっとあぶり、一口大に切る。パプリカは焼きやすい大きさに切り、両面を軽く焼いて一口大に切る。

4:器に3を盛り、2を混ぜてかける。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年3月号 2月1日発売

秘密の京都

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading