レシピ

ご飯がすすむ「いわしのかば焼き」。青臭さを残さないコツは?

いわしのかば焼き

『必ずおいしく作れる 和のおか』髙井英克・上田淳子・小林まさみ 小林まさる(著)

いわしの旬は6~10月と比較的長めですが、なかでも秋の「下りいわし」は脂がのってひときわ美味しくなります。今日は甘辛いたれをからめてかば焼きにして楽しみましょう。

ただ、いわしは調理をしても何かと「青臭さが残りがち……」という声も。それを解決してくれるのが、料理研究家・髙井英克さんのレシピです。

いわしは皮側の脂に臭みがあるため、皮目から焼いて臭みを出してしまえばOK。また長めに焼いても身が締まりにくいので、全体をしっかり焼いて香ばしく仕上げるのもポイントです。よく焼くと小骨も気になりませんよ。多めに作って翌日は丼にするのもおすすめです。

身の柔らかいいわしは、包丁を使わず手でさばくほうが実は簡単。今日はいわしの手開きもご紹介しますので、チャレンジしてみてください。『必ずおいしく作れる 和のおかず』より。

【材料 2人分】
・いわし 4尾

・薄力粉 適量

・A [酒 大さじ2/醤油、みりん 各大さじ1と1/2/砂糖 大さじ1]

・サラダ油 大さじ1

・青じそ 4枚

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年10月号 8月30日(金)発売

モナコ公国 華麗なる舞踏会

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading