レシピ

夏の疲れたカラダに「参鶏湯」。鶏手羽元で作る簡単アレンジレシピ

かんたん参鶏湯風鍋

『ぜんぶ 小鍋』大庭英子(著)

韓国の「参鶏湯(サムゲタン)」は、丸鶏のお腹にもち米や高麗人参、くり、にんにく、しょうが、なつめ、松の実、クコの実などを詰めてタコ糸でしばり、コトコトと煮て作る薬膳スープ。
冬のメニューと思われがちですが、韓国では暑い夏に滋養強壮のために食べるのだそうです。今日は鶏手羽元を使って、家庭でも手軽に作れるアレンジレシピをお届けしましょう。
鶏手羽元を煮て酒と塩で調味したところに、もち米やしょうが、にんにくなどの食材を投入し、さらに煮込めば出来上がり。ほっと心と体がゆるむ優しい味で、食欲がないとき、疲れた時などにぴったりですよ。料理研究家・大庭英子さんの『ぜんぶ小鍋』より。

【材料 2人分】
・鶏手羽元 6本

・水 4カップ

・A [酒 大さじ2/塩 小さじ1]

・もち米(水でさっと洗い、水気をきる) 大さじ2

・しょうが(皮付きのまま薄切り) 小1/2かけ分

・B [にんにく 1かけ/干しなつめ 4個/くこの実、松の実 各大さじ1]

・大根(4cm長さのせん切り) 300g

・せり(3cm長さに切る) 30g

・いり白ごま 少々

【作り方】
1:鍋に鶏手羽元、水を入れて中火にかけ、煮立ったら火を弱めてあくを取り、Aで調味する。

2:もち米、しょうが、Bを加え、再び煮立ってきたらふたをして、弱火で約20分煮る。焦げないように、底から混ぜながら煮ること。

3:大根を加えて混ぜ、ふたをして弱火でさらに約5分煮る。せりをのせ、白ごまをふる。

具を切って煮るだけの鍋料理は、とっても簡単。肉や魚にたっぷり野菜を組み合わせれば栄養バランスがよく、おかずと汁ものが合体しているから晩ごはんはこの1品でOKです。本書ではとくに、少ない食材で作る1~2人分レシピを中心に、48品の小鍋をご紹介。味つけも和・洋・中・エスニックとバリエーション豊かで、毎日作っても飽きません。新書サイズなのでかばんにすっぽり入って、電車の中で開きやすいのも特徴です。

『ぜんぶ 小鍋』大庭英子(著)

ぜんぶ 小鍋(世界文化社)
大庭英子(著)
定価:本体1,100円+税

撮影/伏見早織

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年10月号 8月30日(金)発売

モナコ公国 華麗なる舞踏会

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading