レシピ

夏のおもてなしに。青柚子の香りが爽やかな夏の和菓子

青柚子羹

『はじめて作る 和菓子のいろは』宇佐美桂子・高根幸子(著)

白こしあんで作る半透明の白羊羹の生地に、水玉模様のように散りばめられた甘納豆。涼やかなルックスの「青柚子羹」は夏にふさわしい冷菓です。

生地にはすりおろした青柚子の皮を混ぜ、香りも味も爽やかさをプラスしています。

缶に流し入れ粗熱を取り、冷蔵庫に入れたらひんやりしたデザートの出来上がり。冷凍を半解凍していただいても喉ごしよく楽しめます。冷凍庫で凍らせてから切ると、角が立ったきれいな姿に切り分けられますよ。手作りのおもてなし、いかがでしょうか。『はじめて作る 和菓子のいろは』より。

【材料 14cm×11cm×4.5cmの流し缶1台分】
・水饅頭の素 35g

・グラニュー糖 120g

・水 480cc

白こしあん 200g

・青柚子の皮 適量

・大納言甘納豆 40g

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年9月号 8月1日(木)発売

北欧の美しき暮らしを訪ねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading