レシピ

シャンパーニュと合う!前菜仕立てでいただく贅沢冷製カペッリーニ

「夏のご馳走冷たい麺」第6回(全7回)暑い夏にいただきい、絶品の冷製麺のレシピを、気鋭のシェフ直伝のテクニックとともに、ご紹介します。手軽に作れるものから、パーティの主役になる豪華なひと皿まで、夏の食卓を彩る、見た目も涼やかなご馳走を、どうぞ召し上がれ。今回は前菜仕立てでいただく贅沢カペッリーニをご紹介。前回の記事はこちら>>

【イタリア料理】

小林秀徳(こばやし・ひでのり)さん

教える人
小林秀徳(こばやし・ひでのり)さん/ビンゴ

小田原の早川漁港から届く新鮮な魚介や天城軍鶏など、全国から集まる食材の持ち味を最大限に生かした料理は、時にシンプルに、時に意表をつく組み合わせで食通たちを唸らせます。

前菜仕立てでいただく贅沢カペッリーニ

前菜仕立てでいただく贅沢カペッリーニ

1970年代、イタリアのグアルティエロ・マルケージが、日本のざるそばにヒントを得て作った「冷たいキャビアのスパゲティ」。

これが冷製パスタの発祥といわれています。パスタというよりも前菜的なひと皿として供されたのでしょう。

そんな由来を持つ冷製パスタには、生うにやからすみなどシャンパーニュと楽しみたいお洒落で贅沢な味が似合います。

「パスタには日本のうどんのように塩が入っていないため、ゆでるときに1パーセントの塩を入れますが、冷製の場合、氷水でしめる際に味がぼやけてしまいがちです。

それゆえ氷水にも塩を入れ、麺自体にも味をしっかりとつけるのが、冷たいパスタをおいしく仕上げるコツです」と話すのは「ビンゴ」の小林秀徳さん。

写真のようにカクテルグラスに盛りつければ、気の利いたアンティパストとしてパーティなどで活躍してくれそうです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年7月1日(月)発売

軽井沢で涼を楽しむ『家庭画報』2019年8月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading