レシピ

ふっくら食感に仕上がった「いかリング」。そのヒミツはあの液体

いかリング

『築地「魚河岸三代目 千秋」店主・小川貢一の おさかな食堂』小川貢一(著)

いかは一年中手に入りますが、漁獲量の多いスルメイカとアカイカ、いかの中でも高級なアオリイカなどは、いずれも夏場が旬です。本日ご紹介する「いかリング」は、どの種類でもOKなので、ぜひ作ってみてください。

輪切りにしたいかの胴体部分を、15分ほど牛乳に浸しておくのがこのレシピのポイント。牛乳に漬けておくことで薄い膜ができ、油がはねにくくなるとともに、ふっくらとした食感に仕上がります。ゆずこしょうをお好きな割合で混ぜたマヨネーズで召し上がれ。おかずとしてだけでなく、お酒にもジャストミートな一皿です。

ミミやゲソ部分は、2019年1月15日にご紹介した「いかのマヨネーズ炒め」などにすると良いですよ。『築地「魚河岸三代目 千秋」店主・小川貢一のおさかな食堂』より。

【材料 2人分】
・いか(胴体部分) 1ぱい

・牛乳 適量(いかがヒタヒタに浸かるくらい)

・A [小麦粉、片栗粉 各大さじ2]

・B [マヨネーズ、ゆずこしょう 各適量]

・揚げ油 適量

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年7月1日(月)発売

軽井沢で涼を楽しむ『家庭画報』2019年8月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading