レシピ

日本料理人が教える!瀬戸内海の食材を合わせた「そうめん、うどん、ひやむぎ」の絶品レシピ

「夏のご馳走冷たい麺」第1回(全7回)暑い夏にいただきい、絶品の冷製麺のレシピを、気鋭のシェフ直伝のテクニックとともに、ご紹介します。手軽に作れるものから、パーティの主役になる豪華なひと皿まで、夏の食卓を彩る、見た目も涼やかなご馳走を、どうぞ召し上がれ。今回は瀬戸内海の食材を合わせた冷たい麺をご紹介。

【日本料理】

林 亮平(はやし・りょうへい)さん

教える人
林 亮平(はやし・りょうへい)さん/てのしま

香川県丸亀市生まれ。大学卒業後、「菊乃井」に入社し、主人・村田吉弘氏に師事。17年の修業の後、独立。2018年3月に「てのしま」をオープン。郷土料理から日本食を見つめ直し、確かな技術とセンスで、その魅力を国内外へ発信している。

そうめん、うどん、ひやむぎ──日本の麺に、瀬戸内海の食材を合わせて

瀬戸内海の食材を合わせて

郷土料理に注目し、日本料理のおいしさと伝統を現代に再提案する、林 亮平さん。

「そうめん、うどん、ひやむぎ、そば……日本にはさまざまな麺文化がありますが、地域ごとに、だしや具材に特徴があります」。

林さん自身は、香川県出身。「故郷では、いりこのだしがスタンダードです。かつお節や昆布と違い、雑味と甘さがありますが、酸味を加えると、上品においしく仕上がります」。

そう話しながら作ってくれたのが、見た目も爽やかな「レモンいりこうどん」です。

レモンをはじめ、瀬戸内海は食材の宝庫。例えば、地元でよく食べられるという小海老・がら海老は、殻が柔らかく、身の味も際立ちます。

「その殻でとるだしは優しい香りと甘味があるので、そうめんより太く、小麦の風味が強いひやむぎにからめると、バランスがよく飽きのこないおいしさです」。

特別な日の食卓におすすめなのが、愛媛県の郷土料理「鯛そうめん」をアレンジした逸品。鯛のあらでだしをとり、かけだしとジュレ状のだしを用意します。

「2種類のだしで味の濃淡をつけました。具材の鯛は松皮造りにし、新鮮な鯛のうまみを生かします」。

盛りつけるときは、ジュレやしいたけのうま煮など、色が濃いものを下に敷きます。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年7月1日(月)発売

軽井沢で涼を楽しむ『家庭画報』2019年8月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading