レシピ

抹茶ジンって? 日本茶とお酒の新しいマリアージュを楽しむ

煎茶ジン

『あたらしくておいしい日本茶レシピ』本間節子(著)

本日は父の日。ちょっとしたサプライズも含めて、日本茶を使った3種類のお酒レシピをご紹介しましょう。お酒好きなお父さんなら、こんな変わり種のお酒を作ってあげれば喜んでくれるかも。

まずは「煎茶ジン」。煎茶を、ジンで抽出すると、美しいエメラルドグリーンになり、炭酸水を注ぐと澄んだ黄緑色になります。抽出の際、一晩以上おいてしまうと、茶色くなってしまうので、タイミングを逃さずに楽しんでください。炭酸水の代わりに、すっきりした白ぶどうのジュースと合わせると甘いカクテルになり、こちらもお勧めです。

「抹茶ビール」は、冷えたビールに茶せんでしっかりと泡を立てた冷たい抹茶を注ぎます。ビールの苦みと抹茶の旨味がよく合い、アルコール度が下がるので飲みやすくなります。
「煎茶風味の日本酒」は、茶葉に日本酒を注いで5分待つだけで、手軽につくれます。旨味が増して、まろやかな味わいになりますよ。ぜひ味わってみてください。日本茶インストラクター・本間節子さんの『あたらしくておいしい 日本茶レシピ』より。

【材料 1杯分】
・煎茶(釜炒り製玉緑茶、または普通煎茶) 3g

・ジン(好みのもの) 50cc

・砂糖 小さじ­1/2(ビターが好みなら入れなくてもよい)

・炭酸水(無糖) 150cc(ジンの約3倍)

・ブルーベリー(飾り用)※ 1粒

※ブルーベリーの代わりに、すだちやレモンの輪切りを浮かべてもよい。

【作り方】
1:茶葉を容器(ガラスびんなど)に入れてジンを注ぎ、3時間以上(一晩まで)おくと色と風味が抽出される。

『あたらしくておいしい日本茶レシピ』本間節子(著)

 

2:茶こしでこす。

3:グラスに砂糖を入れ、2のジンを注ぐ。

4:炭酸水を静かに注ぎ、カクテルピンに刺したブルーベリーを飾る。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年7月1日(月)発売

軽井沢で涼を楽しむ『家庭画報』2019年8月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading