レシピ

名店「てんぷら近藤」ご主人のそら豆のかき揚げレシピ

そら豆のかき揚げ

『「てんぷら近藤」主人のやさしく教える天ぷらのきほん』近藤文夫(著)

毎月23日は「天ぷらの日」ということで、今がおいしいそら豆の天ぷらをご紹介します。ゆでて食べることの多いそら豆ですが、天ぷらにすると、甘み、旨み、香りが増して、おいしさ全開です。食感はホクホクとしっとりが同居した柔らかさで、これも天ぷらだからこそ味わえるもの。きれいな薄緑色と香りをキープするために、油は170℃を超えないように揚げます。

最初に油の温度が高いとばらけやすいので、たねを入れる際にいったん火を消すといいでしょう。頭頂部に「お歯黒」と呼ばれる黒い筋がありますが、ここが緑色であれば実が若い証拠で、より柔らかくおすすめです。このお歯黒からむくと実が欠けやすくなるので、平らな面からむくのがポイント。ころもはごく薄いほうが口当たりが軽く、そら豆の風味も生きますよ。『「てんぷら近藤」主人の やさしく教える天ぷらの基本』より。

【材料】
・そら豆 適量

・薄力粉 適量

ころも 適量

・揚げ油 適量

天つゆ、または塩 適量

Pick up注目記事

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報2022年1月号

1月号 12月1日発売

新年を寿ぐ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading