レシピ

お酒の締めにぴったり。少量でも満足感のある簡単お茶漬け

こしょう茶漬け

『からだが喜ぶ! 藤井 恵のおつまみ献立』藤井 恵(著)

お茶漬けといえば、小腹が空いたときや夜食にぴったりのメニューですが、人気の料理研究家・藤井 恵さんが教えてくれるのは、お酒を飲んだときの締めに食べられるお茶漬けです。

アルコールを摂取したうえに炭水化物を食べると、胃にもたれるし確実に太るのでなるべくなら控えたいところ。この2つのお茶漬けは、少量でも満足感が得やすいすぐれものです。「こしょう茶漬け」は、刻んだたくあんを乗せ、仕上げに黒こしょうをふったピリッと大人な一杯。「ねぎ茶漬け」は、細切りにしたザーサイと長ねぎを乗せ、ごまを散らします。ビールなど冷たいお酒を飲んだあとは、冷えた胃を温めてくれる優しいお茶漬けが嬉しいですね。『からだが喜ぶ! 藤井 恵のおつまみ献立』より。

【材料 2人分】
・A [緑茶、だし 各3/4カップ/塩 小さじ1/5]

・温かいごはん 軽く茶碗1杯分

・たくあん(みじん切り) 5cm

・粒黒こしょう(つぶす) 小さじ1/2

【作り方】
1:小鍋にAを入れて中火にかけ、煮立ったら火を止める。

2:器にごはんを盛ってたくあんをのせ、黒こしょうをふり、1をかける。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年6月1日(土)発売

心潤す緑陰の美術館へ『家庭画報』2019年7月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading