レシピ

脇屋友詞シェフの黒酢チャーハンと本格「はちみつチャーシュー」

黒酢のチャーハン

『「Wakiya一笑美茶樓」脇屋友詞のおいしい理由。中華のきほん、完全レシピ』脇屋友詞(著)

いつものチャーハンも、たまには味つけを変えてバリエーションを楽しんでみてはいかがでしょう。本日は、風味がよくコクのある黒酢のチャーハンをお届けしましょう。黒酢は炒めると粘りが出て、ケチャップで炒めたような深い味わいの仕上がりになります。

レシピに使用するチャーシューは市販のものでもいいのですが、今日は、本格的なはちみつチャーシューも併せてご紹介します。ゆっくりと下茹でして、調味料に漬けて焼く、手順は基本的にシンプル。仕上げにはちみつとたっぷりの黒こしょうをかけた大人の味わいのチャーシューは、おもてなしの前菜にもぴったりです。本レシピでは鍋でじっくりとゆでますが、圧力鍋があると短時間でゆで上がって便利です。その場合、圧力がかかってから15分で火を止めてください。できたての温かい状態でいただくチャーシューは実に美味ですよ。『「Wakiya一笑美茶樓」脇屋友詞のおいしい理由。 中華のきほん、完全レシピ』より。

【材料 2人分】
・ご飯(温かいもの) 300g

・卵 1個

・チャーシュー(はちみつチャーシューもしくは市販品でもよい。7mm角に切る) 50g

・玉ねぎ(みじん切り) 30g

・A [塩、こしょう 各ふたつまみ/昆布パウダー 小さじ1/2]

・水 大さじ1

・B [中国黒酢(香醋) 大さじ2/しょうゆ 小さじ1/2]

・サラダ油 大さじ1

【作り方】
1:ボウルに卵を溶きほぐす。

2:フライパンにサラダ油を熱し、中火にして1を一気に流し入れる。

3:卵の上にご飯をのせ、すぐに返す。玉じゃくしの背でご飯をほぐしながら、ご飯に卵をコーティングするように炒める。

4:均一にほぐれたら、チャーシュー、玉ねぎ、Aを加えて大きく炒め混ぜる。

5:水を回し入れ、炒めてなじませる。Bを順に回し入れ、全体に大きく炒め、強火にしてパラパラに仕上げて器に盛る。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年1月号 11月30日(土)発売

新春特別付録つき!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading