レシピ

大原千鶴の心に残るレシピ「はまぐりしんじょうのお吸い物」

私の心に残る味 3月

はまぐりしんじょうのお吸い物

料理・文/大原千鶴

はまぐりしんじょうは、はんぺんを使うので思ったより簡単にできますよ。はまぐりは貝殻がぴったりあうものが2つとないことから貞節の象徴とされ、雛の膳にはよくのぼります。旬の新わかめのおひたしとともに召し上がれ。(前回のレシピ「ちらし寿司」はこちら)

はまぐりしんじょうのお吸い物

【材料 4人分】

・はまぐり…8個

・酒…大さじ3

・はんぺん…1枚(100グラム)

・卵…2個

・昆布だし…600ml(水600mlに5センチ角の昆布を3時間以上つけておいたもの)

・塩…小さじ1/4

・ほうれん草…2株

・大根、にんじんの薄切り…各4枚

・黄柚子の皮…適量

【作り方】

(1)はまぐりはタワシできれいに殻を洗ってから、酒と一緒に鍋に入れて火を通す。開いた順に取り出し、4個分は身を粗みじんにし、4個分はとっておく。

(2)フードプロセッサーに(1)の煮汁、はんぺん、卵を入れてなめらかになるまで混ぜたら流し缶に入れる。表面を平らにし、(1)のはまぐりのみじん切りをちらし、湯気の上がった蒸し器に入れ、強火で20分蒸す。

(3)ほうれん草はさっとゆでて水にとり、水気を絞って8センチの長さに切る。ほうれん草をゆでた湯で、大根とにんじんの薄切りをゆでておく。

(4)鍋に昆布だしを入れて火にかけ、沸いたら塩で味をととのえる。

(5)(2)が蒸し上がったら包丁で食べやすく切ってお椀に盛り、(3)のほうれん草、大根とにんじんを盛りつけ、(4)の汁をはり、(1)でとっておいたはまぐりの身をのせ、黄柚子の皮をあしらう。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年2月号 12月28日発売

別冊付録「開運・招福術」つき

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading