レシピ

「ロールキャベツ」はしっかり煮込む。谷 昇シェフのレシピです

ロールキャベツ

『ル・マンジュ・トゥー 谷 昇シェフのビストロ流ベーシック・レシピ』谷昇(著)

ロールキャベツは、今も昔も人気の料理。ですが、家庭で作るとなかなかきれいにおいしく仕上がらないものですよね。そこで本日は、「ル・マンジュ・トゥー」谷 昇シェフにポイントを教えてもらいましょう。
ひき肉は火の通りが早いので、短時間煮ればよさそうなものですが、しっかりと煮込むことがロールキャベツを成功させる秘訣です。よく煮込むことでキャベツは肉の旨味を吸って美味しくなり、煮汁に出た肉の旨味も再び肉に戻ってしっとり、ふんわりと柔らか。また、鍋はロールキャベツを隙間なく詰められるサイズを選び、きつく詰めることで煮崩れを防ぎます。無茶かな?と思うくらいぎゅうぎゅうに詰めて大丈夫だそうなので、ぜひお試しあれ。『ル・マンジュ・トゥー 谷 昇シェフの ビストロ流 ベーシック・レシピ』より。

【材料 10個分】
・キャベツ 1玉(400g)

・合いびき肉(牛7:豚3) 400g

・にんじん 小1/2本(60g)

・玉ねぎ 1個(200g)

・セロリ 1/2本(60g)

・バター 40g

・A [トマトケチャップ 大さじ1/塩 3g/黒こしょう 適量]

・鶏ガラスープ 300cc

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年6月1日(土)発売

心潤す緑陰の美術館へ『家庭画報』2019年7月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading