レシピ

2品でも栄養バランス抜群。野﨑洋光さんの「チャーハン・ランチ」

じゃこひじきチャーハン

『野﨑洋光 春夏秋冬の献立帳 「分とく山」の永久保存レシピ』野﨑洋光・幕内秀夫(著)

本日は「分とく山」野﨑洋光さんによる、海藻、根菜、きのこ、ご飯をいいバランスで組み合わせた2品献立をご紹介しましょう。軽く食べたい日やランチにもぴったりの「じゃこひじきチャーハン」と「鮭と白菜の豆乳煮」です。チャーハンの具にした鉄分豊富なひじきと卵の黄色、にんじんのオレンジなどの色彩のコントラストが美しく、細かく刻んだたくあんが食感と塩味のアクセントを加えます。

この和テイストのチャーハンに組み合わせるのが、野菜とたんぱく質がとれる豆乳煮。豆乳だけでは旨みが濃すぎるので、水で半々に割ることで、鮭から出る旨みも存分に味わえます。スープ代わりになり、作りおき(冷蔵庫で3日)もできるので、手早く献立を揃えたいときに便利な一品ですよ。『野﨑洋光 春夏秋冬の献立帳』より。

【材料 2人分】
・ご飯 300g

・ちりめんじゃこ 40g

・芽ひじき(乾物) 10g

・にんじん 30g

・しいたけ 2個

・長ねぎ 1/2本

・たくあん 50g

・卵 2個

・薄口醤油 小さじ1

・塩 小さじ1/2

・サラダ油 大さじ1

・黒こしょう 適宜

【作り方】
1:ひじきは水に浸けて戻す。にんじんは5mmの角切りにし、しいたけは軸を取ってみじん切りにする。ねぎはみじん切りにする。たくあんは5mmの角切りにする。

2:1のにんじんとしいたけをざに入れて熱湯に浸け、箸でほぐし、ざるごと引き上げる。同じ湯でひじきをさっとゆで、にんじんとしいたけのざるに上げる。

3:1のたくあんを水でもみ洗いして軽く塩分を抜き、水気を絞る。

4:ボウルにご飯と卵を入れて混ぜ合わせ、ちりめんじゃこ、1の長ねぎ、2、3を混ぜる。薄口醤油、塩で味をつける。ご飯と卵を混ぜてから炒めることで、お米1粒1粒に卵がからまって、パラパラの仕上がりに。解凍したご飯を使ってもかまいません。

5:フライパンにサラダ油を熱し、4を入れる。木べらで混ぜながら、パラパラになるまで炒める。お好みで黒こしょうをふる。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月28日(金)発売

開運・招福別冊付録つき!『家庭画報』2019年2月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading