レシピ

旬の白身魚・たらを使った、フリッターとソテーの2皿をご紹介

たらのフリッター

『築地「魚河岸三代目 千秋」店主・小川貢一の おさかな食堂』小川貢一(著)

身近な冬の魚といえば、やはり「たら」。今日は旬のたらを使ったレシピを2つお届けしましょう。1品目はサクッとふわっと、衣が決め手のフリッター。淡白なたらは揚げ物と相性バツグンです。添える明太子ディップは、スティック野菜につけて食べてもおいしいですよ。

2品目はソテー。バターのコクと梅のさっぱりとした酸味が融合したソースが、たらと極上のハーモニーを奏でる一品です。どちらも使用したのは“生だら”。各産地で、獲ってからすぐ塩水に漬けている“塩だら”と間違えないようにしましょう。生だらは、塩をふって余分な水分を浮かせて取っておく下処理をすると、臭みが取れておいしくなりますよ。『築地「魚河岸三代目 千秋」店主・小川貢一の おさかな食堂』より。

【材料 2人分】
・生だら 2切れ

・A [小麦粉 大さじ5/卵 1個/ベーキングパウダー 小さじ1/4/水 50cc]

・揚げ油 適量

・かぼちゃ(スライス) 4枚(お好みで)

■明太子ディップ(3~4人分)
・明太子(皮をはいで中身だけ取り出した状態) 30g

・長いも(すりおろし) 大さじ1

・マヨネーズ 大さじ2

【作り方】
1:たらは薄めにスライスしてから半分に切る。Aを混ぜ合わせて衣を作る。

2:たらを衣につけ、180度の揚げ油で揚げる。

3:明太子ディップを作る。ボウルに、明太子、長いも、マヨネーズを入れて混ぜる。

4:素揚げしたかぼちゃをつけ合わせに、お好みで明太子ディップ適量を添える。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年6月1日(土)発売

心潤す緑陰の美術館へ『家庭画報』2019年7月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading