レシピ

今日は「蓮根の日」。藤井 恵さんのサクサク明太はさみ天ぷらを

れんこんの明太はさみ天ぷら

『からだが喜ぶ! 藤井 恵のおつまみ献立』藤井 恵(著)

本日は冬の根菜である「蓮根の日」。1994年11月17日、全国のれんこん産地の代表が集まり、「蓮根サミット」が開催されたことを記念して、制定されたそうです。そこで今日はれんこんを使った、おつまみにもなる天ぷらをご紹介しましょう。

小麦粉をまぶしたれんこんの輪切りに辛子明太子を挟みますが、明太子は焼き海苔に巻くことでバラバラになるのを防ぎます。あとは、水で溶いた天ぷら粉をからめて油で揚げればできあがり。明太子の塩辛さがお酒のつまみにぴったりです。ビタミン、ミネラル、食物繊維など栄養豊富なれんこんは、脂質がほとんど含まれていないので油との相性はバツグン。サクサクの食感があとを引きますよ。『からだが喜ぶ! 藤井 恵のおつまみ献立』より。

【材料 2人分】
・れんこん 2cm

・辛子明太子 1/2腹

・焼きのり 全形1/4枚

・A [天ぷら粉 大さじ4/水 大さじ3]

【作り方】
1:れんこんは5mm厚さの輪切りにし(4枚に切る)、小麦粉をまぶす。

2:焼きのりを置き、手前に明太子をのせて巻き、長さを半分に切る。

3:1のれんこん2切れで2をはさむ。残りも同様に計2個作り、混ぜ合わせたAをからめる。

4:揚げ油を180℃に熱し、3を入れてときどき返しながら2~3分揚げる。

人気料理研究家・藤井恵さんが、家族と自分の健康のために考えた自信作ばかり112品を大公開。野菜たっぷり、脂肪や甘みは控えめのヘルシーな秘蔵レシピ集です。居酒屋メニューに着想を得て、家庭でも作りやすく、アレンジをくり返した「居酒屋 藤井亭」厳選のお品書きをお楽しみください。

『からだが喜ぶ! 藤井 恵のおつまみ献立』藤井 恵(著)

藤井 恵(著)
定価:本体1,300円+税

撮影/木村 拓

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年1月号 11月30日(土)発売

新春特別付録つき!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading