レシピ

夏野菜の南蛮漬けは、キーンと冷えたビールや日本酒のおつまみに最適

揚げなすとピーマンの南蛮漬け

『からだが喜ぶ! 藤井 恵のおつまみ献立』藤井 恵(著)

夏野菜の代表格である、なすとピーマン。これを素揚げして、だし、酢、しょうゆ、砂糖を混ぜ合わせ赤唐辛子を入れて煮立てた調味料に漬ければ、食欲がないときでも食べられる南蛮漬けのできあがりです。酢には食欲増進、疲労回復効果のほか殺菌効果もあるので、食中毒予防にもうってつけ。赤唐辛子も同じく食欲増進、疲労回復効果があるうえ、内臓から温めてくれるので、キーンと冷えたビールや日本酒を飲む際のおつまみにぴったりです。また、クーラー病の改善にも最適ですので、日々のおかずとしてもたくさん取り入れてくださいね。『からだが喜ぶ! 藤井恵のおつまみ献立』より。

【材料 2人分】
・なす 3本

・ピーマン 2個

・A [赤唐辛子(小口切り) 1本

/だし 1/4カップ/酢、しょうゆ 各大さじ2/砂糖 小さじ2]

・揚げ油 適量 ・B [青ねぎ(小口切りにして水にさらす) 適量/しょうが(すりおろす) 1/2かけ]

【作り方】
1:なすは縦半分に切って皮目に斜めに5mm幅の切り込みを入れ、長さを半分に切る。ピーマンは縦半分に切って1cm幅の斜め切りにする。

2:小鍋にAを入れて煮立て、火を止める。

3:フライパンに揚げ油を1cm深さほど入れて180℃に熱し、なすを入れて薄く色づくまで揚げて取り出す。次にピーマンを入れてさっと揚げて取り出す。

4:バットに3を入れて2をかけ、10分以上おく。

5:器に4を盛り、Bをのせる。

人気料理研究家・藤井恵さんが、家族と自分の健康のために考えた自信作ばかり112品を大公開。野菜たっぷり、脂肪や甘みは控えめのヘルシーな秘蔵レシピ集です。居酒屋メニューに着想を得て、家庭でも作りやすく、アレンジをくり返した「居酒屋 藤井亭」厳選のお品書きをお楽しみください。

『からだが喜ぶ! 藤井 恵のおつまみ献立』藤井 恵(著)

藤井 恵(著)
定価:本体1,300円+税

撮影:木村 拓

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年9月号 8月1日(水)発売!

「音楽」を愛す

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading