レシピ

毎月28日は「鶏の日」。むね肉は余熱で火を通せばしっとりやわらか

鶏肉とさやいんげん、ザーサイの中華風

『和えるおかず』坂田阿希子(著)

撮影:新居明子

毎月28日は「鶏の日」。もちろん2(に)8(わ)のゴロ合わせから、日本養鶏協会等によって制定されています。なかでも鶏むね肉はリーズナブルで色々に調理ができる、心強い味方ですよね。そんな鶏むね肉を蒸して裂き、さやいんげん、ザーサイとあえた一品をご紹介しましょう。

鶏むね肉は熱湯に入れ、余熱で加熱するとしっとり柔らかく仕上がります。さやいんげんの切り方も大事なポイントで、縦に切ってから斜め切りにすると、裂いた鶏肉としっくりなじみます。味のポイントは、細いせん切りのしょうがをごま油で炒めて作るしょうがオイル。花椒の香りと辛みも、味のアクセントになり、中華風のあえものが完成します。坂田阿希子さんの『和えるおかず』より。

【材料 2人分】
・鶏むね肉 200g

・さやいんげん 20本

・ザーサイ(塩漬けのものは水につけて1~2時間塩抜きする) 30g

・酒 大さじ1

・花椒(ホール) 小さじ1

・しょうがオイル [しょうが 1かけ/ごま油 大さじ2]

・しょうゆ 小さじ2

・酢 小さじ1

・塩 適量

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年1月号 11月30日(土)発売

新春特別付録つき!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading